• 団員・メンバー募集
  • 一覧

合唱団「コール・フォルトゥーナ」の団員・メンバー募集

一般 合唱

募集パート

  • ソプラノ
  • メゾソプラノ
  • アルト
  • テノール
  • バリトン
  • バス
  • 初級
  • 中級
  • 上級

合唱団「コール・フォルトゥーナ」からのメッセージ

2021年4月に旗揚げした新しい合唱団です。来年の秋、ヘンデルの「メサイア」を古楽器のオーケストラと共演します。演奏会場は荘厳な響きを持つ「東京カテドラル聖マリア大聖堂」を予定しています。バロック音楽に精通した指揮者や声楽家が指導に当たります。
バロックの演奏のスタイルに興味がある方、メサイアを愛する方々の参加をお待ちしております。
年齢や経験の有無は問いません。メサイアの演奏に必要なテクニックを身につけることができます。

【募集人数】
約50名(ソプラノ: 15名、アルト: 15名、テール 10名、バス 10 名)
(パート分けなどでお声を聞かせていただく場合があります)

【指揮・指導】 四野見 和敏
ウィーン国立音楽大学、ハンブルク音楽大学で指揮を専攻する。デトモルト音楽大学では、ライプツィヒ聖トーマス教会楽長ビラー氏に師事し、バッハ・ヘンデル作品の指揮を学ぶ。澄んだハーモニーで定評があるヴォーカル・コンソート東京の指揮者。

【発声指導】 佐藤 裕希恵
東京芸術大学声楽学部及び古楽科修士課程を卒業。バーゼルのスコラ・カントルム バロック科修士課程、中世ルネサンス科修士課程を修了。 第二回国際古楽コンクール “Canticum Gaudium” 第1位
第二十八回国際古楽コンクール《山梨》第1位及び上原賞 /第二回ヘンデルアリアコンクール 第3位

【オーケストラ】 VCTバロック・オーケストラ
メンバーの多くが海外のオーケストラで活躍し、日本でも数多くのバロックの演奏会に出演している。
ぬくもりがある深い響き、爽快で推進力があり合唱団とうまく対話ができるオーケストラ。

【東京カテドラル聖マリア大聖堂】
世界的に有名な建築家である丹下健三氏の設計により日本を代表する教会として建造された。上空から見ると、キリスト教を象徴する十字架の形をしている。礼拝堂は荘厳な雰囲気を持ち、高い天井から降り注ぐ光は、神聖な空間をより神秘的に彩っている。

【主な活動場所】
江東区内の公共施設(ティアラこうとう、江東区文化センター等)

【参加費用】
練習費用(月謝):5,000円
※学生割引あり(大学生・専門学校生:3,000円、高校生:1,000円)
※別途、演奏会参加費を申し受けます。(会場費、オーケストラ費用等)

【練習日程】2021年4月11日より練習開始
原則:火曜日(月2回18時30分~21時)金曜日(月1回18時30分~21時)日曜日(月1回13時~17時)
・火曜日⇒全体練習 or 発声・歌唱指導
・金曜日⇒譜読みの強化練習
・日曜日⇒全体練習 or 発声・歌唱指導

練習中の曲・これまで演奏した曲

ヘンデル作曲:オラトリオ「メサイア」

主な活動地域

東京都

その他の活動地域

東京都|江東区

練習場所

江東区内の公共施設(ティアラこうとう、江東区文化センター等)

練習時間・曜日

火曜日(月2回 18時30分~21時)金曜日(月1回 18時30分~21時)日曜日(月1回 13時~17時)

団員数

30~50人

年齢構成・世代

主に30代~50代が中心です。

男女構成

女性が6割、男性が4割です。

団費

練習費用(月謝):5,000円 ※学生割引あり(大学生・専門学校生:3,000円、高校生:1,000円)

演奏会費

演奏会参加費は3万円を予定しています。(会場費、オーケストラ費用等に使用致します)

更新日 2021/04/13

 お問合せ

合唱団「コール・フォルトゥーナ」の団員・メンバー募集について

事前にログインしてください。会員登録がお済みでない方は こちら

印は必須項目です。

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ