• 団員・メンバー募集
  • 一覧

フィルハーモニカー・ウィーン・名古屋の団員・メンバー募集

一般 オーケストラ

募集パート

  • バイオリン
  • ビオラ
  • チェロ
  • コントラバス
  • 打楽器全般
  • 上級

フィルハーモニカー・ウィーン・名古屋からのメッセージ

当団は2011年3月に、ウィーン式管楽器をこよなく愛する中京地区のアマチュア・オーケストラのメンバーを中心に設立され、ウィーンの響きや音楽性を理想とした演奏活動を行っています。現在、管楽器は団員全員が世界最高峰とされるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と同一の独特な型式のものを使用しており、その美しい響きを追求するオーケストラは、プロ・アマ通じて日本で唯一のものです。団員は10代から70代まで日本全国から幅広く集まっており、2012年12月にブルックナーの交響曲第9番をメインとする第1回演奏会を開催しました。2013年8月にはウィーン楽友協会黄金の間においてベートーヴェン「荘厳ミサ曲」他の演奏会、2014年にはヴァイオリン、ヴィオラやピアノの協奏曲4曲を集めた特別演奏会、元ウィーン・フィルのバストロンボーン奏者ヤイトラー氏を指揮者に招きブルックナーの交響曲第8番やJ.シュトラウスのワルツ当を採り上げた第2回演奏会、NCOオペラ「フィデリオ」公演や長久手東日本大震災チャリティ第9公演協力など、積極的な活動を展開しています。

練習中の曲・これまで演奏した曲

第4回演奏会(2015年5月31日 愛知県芸術劇場コンサートホール カール・ヤイトラー指揮)に向けて、以下の曲を練習開始します。
(1)ヨハン・シュトラウス 喜歌劇「くるまば草」序曲
(2)ヨハン・シュトラウス ポルカ・フランセーズ「クラップフェンの森で」
(3)ヨハン・シュトラウス ポルカ・シュネル常動曲
(4)ヨハン・シュトラウス ワルツ「美しく青きドナウ」
(5)グスタフ・マーラー 交響曲第1番 ニ長調「巨人」

主な活動地域

愛知県|名古屋市

練習場所

愛知県内名古屋市、刈谷市の公共施設等

練習時間・曜日

不定期(月1~3回、週末)

団員数

30~50人

年齢構成・世代

10代~70代。30代~50代で80%、20代&60代で15%。

男女構成

半々

団費

演奏会1回につきトータルで約3万~4万5千円。参加形態により払い込み方法は2種類あります。月々2500円を継続して払う継続団員になれば参加費は若干お得となります。詳しくはお問い合わせください。

演奏会費

同上

更新日 2018/12/03

 お問合せ

フィルハーモニカー・ウィーン・名古屋の団員・メンバー募集について

事前にログインしてください。会員登録がお済みでない方は こちら

印は必須項目です。

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ