• 自己紹介

k-kさん

草柳和之・近影

東京都|練馬区

自己紹介

●東京武蔵野病院,さいとうクリニック等にて,精神科医療に心理士として携わり,また,自治体の教育相談室の非常勤相談員,大学のセクシャルハラスメント相談室の非常勤相談員として勤務など,多領域にわたり心理臨床経験を重ねる.1990年には,心理相談機関《メンタルサービスセンター》を設立し,開業心理臨床に携わる.同時並行して,桐朋学園大学講師・早稲田大学講師を歴任する.
●現在,大東文化大学非常勤講師.現在,メンタルサービスセンター代表・カウンセラー.社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰を受賞.日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.日本音楽療法学会会員。著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店) 、共著 『標準 音楽療法入門 下』(春秋社) 他多数。
●音楽によるDV防止キャンペーンのために,、世界的に活躍する作曲家・野村誠氏にDV根絶を願うピアノ曲を委嘱し,その曲を国内外で演奏して20余年に及ぶ。平和のための音楽会・ライブハウスのランチタイムコンサート・学会のミニコンサート・自治体の協働イベント・DV問題のシンポジウムなど、幅広い機会でピアノ演奏を行い、《社会の平和は家庭から》を訴えてきた.
●広く音楽家に呼びかけて、「stop セクハラ・DV・性暴力」を目指す《パープルリボン・コンサート》を、2017年より[11/25=国連・女性に対する暴力撤廃デー]の前後の日程で、現在まで4回、主宰・開催している.
●2021年秋、「stop セクハラ・DV・性暴力」の理念を持つ音楽(今回はピアノ曲)を広く公募する作曲コンクール・《パープルリボン作曲賞》を創設し、2022年11月予定の本選では審査員をつとめる。

■参考となる活動報告としての文献
=草柳和之「DV根絶を目指すコミュニティ音楽療法の活動――それは作曲委嘱からはじまった」『東京音楽療法協会30周年記念誌』(2020)
本文ダウンロード→→https://researchmap.jp/kusayanagi/misc/25685166
■野村誠作曲『DVがなくなる日のためのインテルメッツォ(間奏曲)』 〔演奏データ: 2005年12月7日.高知県土佐山田町〕 ◎piano:草柳 和之

音楽交流

ピアノ演奏とトークを通じて、《社会の平和は家庭から》を伝えていきます。

海外での音楽交流

訪問演奏

■演奏曲目= 久石譲「6番目の駅」/ ボブ・ディラン、草柳和之編「風に吹かれて」/ 『冬のソナタ』~「My Memory」 / ブラームス「間奏曲ロ短調Op119-1」/ 大島ミチル「Planet of Life」/ 坂本龍一「ラストエンペラー・テーマ曲」/ スクリャービン「前奏曲Op9-1」/ 野村誠「DVがなくなる日のための『インテルメッツォ(間奏曲)』」/他

ボランティア(報酬なし) 地域の催し(報酬なし) お仕事(報酬あり)

茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 山梨県 群馬県 埼玉県

k-kさんが投稿した音楽のボランティア・お仕事掲示板

音楽のボランティア・お仕事掲示板には投稿していません。

上部へ