• 自己紹介

あきこさん

自己紹介

大阪芸術大学演奏学科ピアノコース卒業。在学中学内演奏会として演奏研究/シューベルトの歌曲集「白鳥の歌」の演奏会にピアノ伴奏で出演及びモーツァルトのピアノ三重奏曲「ケーゲルシュタットトリオ」の演奏会にピアノパートで出演。基礎編曲法・作品演奏会でシューベルトの歌曲「月に寄せる」を室内楽の編成で編曲しコントラバスパートで出演。卒業後明石コンサート協会による選考によりピアノ独奏で財団法人兵庫県学校厚生会主催第5回カトレアコンサートに当時最年少で出演(翌日神戸新聞に同演奏会出演時の記事が掲載され後日同演奏会出演時の模様が明石ケーブルテレビにて放映される)。中国音楽理事会主催第1回“万里の長城杯”国際音楽コンクールピアノ・一般の部奨励賞。中国音楽理事会主催第2回“長江杯”国際音楽コンクールピアノ・一般の部優秀賞。東京国際芸術協会主催第4回レ・スプレンデル音楽コンクールピアノ部門ファイナリスト(一身上の都合により棄権)。ミューゼシード主催コンセールヴィヴァン第8回新人オーディションピアノ部門予備合格(これによりコンセールヴィヴァン準会員となる)。特定非営利活動法人国際音楽協会主催第4回中国音楽コンクール専門の部(ピアノ)奨励賞。審査員の先生方の講評の中でこの時の演奏が高く評価される。東京国際芸術協会主催平成18年度海外音楽大学マスタークラス派遣者助成オーディション準合格(スイス国立チューリッヒ音楽大学に行く予定だったものの免除になるのは授業料だけでその他の費用は自分持ちの為経済的理由によりマスタークラスの助成を辞退)。中国音楽理事会主催第17回アジア国際文化芸術フェスティバル審査員特別賞。東京国際芸術協会主催第28回TIAA全日本クラシック音楽コンサート入選。第44回東京国際芸術協会新人演奏会オーディション準合格(同演奏会出演)。神戸文化ホール音楽祭西区民センターオーディション通過(神戸文化ホール音楽祭出演)。KOSMA主催音楽未来地図出演。明石こころのホスピタルに入院中課長からレク発表会のピアノ伴奏を依頼されレク発表会のピアノ伴奏を務める。兵庫県芸術文化協会主催新進音楽家演奏会にピアノ独奏で出演(2015年から2018年迄計4回毎年出演)。第20回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-G予選通過し第20回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-G兵庫地区本選②に出場(結果は地区本選で敗退)。2019年秋にデュオ神戸のストリートピアノで弾いていたのがきっかけとなり、以降声楽の山元由美氏のピアノ伴奏を受け持たせて貰える事になるのと同時にいくつかの所から「良かったら是非うちで弾いて欲しい」という依頼の声も何件かいただけて名刺を受け取っている。第9回神戸芸術センター記念ピアノコンクール予備審査通過し公開審査1次予選に出場(結果は公開審査1次予選で敗退)。2020年1月15日に大阪芸術大学在学時代の友達から「デュオ神戸のストリートピアノでNHKの収録があるからこないか???」という趣旨の電話連絡を貰って友達とインタビューの様なものとピアノを演奏している所を撮影され、その時の模様が2020年2月14日金曜日午後10時50分~11時19分(再放送が2月22日土曜日午前11時25分から11時54分)にNHKのドキュメント72時間「神戸・あの日のピアノを弾きながら」という番組で放映される(ただ実際に放送された番組を見てみると大分編集カットされているせいか私自身もあれは事実とは違う!!と思いNHKの視聴者からの書き込み等を見ても好意的にエールをくれている感想に対しては事実とは違っていてもこれはこれで別に構わないと思ってある程度納得して受け入れる事が出来ているしそれ所か感激する程心打たれる書き込みも見られて大変有難く思っている反面何となくある事ない事書かれているのを目にしてしまった時は精神的にドッと疲れが出てしまっている状態にも陥る)。第21回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-G予選通過し2020年8月15日(土)にムラマツリサイタルホール新大阪という所で第21回大阪国際音楽コンクールピアノ部門Age-G大阪地区本選①に出場見込。パルナソスホールオルガン講座受講に際するオーディションに合格。1年間パルナソスオルガン講座に在籍し平成18年度オルガン講座修了演奏会に出演。その後パルナソスホールオルガン講座アドバンスコースに進む。小原孝のピアノレッスン(公開レッスン形式)受講。曽根麻矢子チェンバロ特別公開レッスン受講。グレンツェンピアノ研究会主催大楽勝美先生の公開レッスン受講(平成25年と平成27年の計2回)。兵庫県音楽療法講座「基礎講座」修了(同講座「専門講座」受講者選考試験(第1次試験の筆記試験)の受験に3年連続で不合格という結果に終わっているもののこの様な訳で音楽療法の分野にも大変関心有)。現在リトミック研究センター兵庫第一支局所属指導者会員(現在は所属しているだけの状態)。パルナソスホールオルガン講座アドバンスコース及びパルナソスホールチェンバロ講座中級コース在籍中(両方共現在籍を置いているだけの状態)。大人の家庭教師トライにピアノ教師として登録中(今の所まだ稼働していない状態で現在に至る)。MIKIミュージックサロン三宮ハープコース在籍中(現在に至る)。取得免許・資格として中学校教諭第一種免許状(音楽)及び高等学校教諭第一種免許状(音楽)、カワイピアノライセンス演奏グレード4級及び指導グレード5級取得、リトミック研究センター“こどものためのリトミック” 上級指導資格取得(音楽以外では日本商工会議所主催ビジネスコンピューティング検定試験(CCI「DREAMS」)3級合格及びマイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト(MOUS)全国一斉試験(Excel97・一般)合格)。ピアノを阪田誠康、大竹道哉、大石潤、田村幸造、森久留美の各氏に師事。伴奏法及び室内楽を田淵幸三氏に師事。作曲及び編曲法を千秋次郎氏に師事。リトミックを辻久子、辻裕の両氏に師事。パイプオルガンを小榑由布子、堀江光一、白川佳那子の各氏に師事。チェンバロを大塚直哉、小榑由布子の両氏に師事。ハープを海川佳代子、竹本真由美、糸川可純の各氏に師事。コントラバスを中学校の吹奏楽部で中川紀美、田中寿代の両氏に師事し大学の副科で池内修二氏に師事。あと前述の楽器の様に迄はとても演奏出来るレベルではないけど電子オルガンを上田万喜子氏に師事。フルートを櫻井恵里奈氏に師事。エンジェルハープを入江愛子氏に師事。現在障害者手帳1級所持(歩行困難な為介助が必要)。ピアノ協奏曲や室内楽や伴奏や連弾(2台のピアノ等も含めて)をしてみたい。いつか演奏してみたい曲は協奏曲では単一楽章ならモーツァルトのピアノ協奏曲20番の第1楽章やショパンのピアノ協奏曲1番の第1楽章等。全楽章ならベートーベンの合唱幻想曲やシューマンのピアノ協奏曲やサンサーンスのピアノ協奏曲2番等。室内楽ならモーツァルトのケーゲルシュタットトリオやシューベルトのピアノ五重奏曲鱒等(但しこれに限らず)。伴奏なら近現代以外の曲なら何でもやってみたい。ただし練習時間の確保と舞台上での介助は絶対最低条件として必ず希望。

音楽交流

ホームページ欄のURLは私のHPではないものの性格診断(?)の様な事をして遊んだ時の私の診断結果。結構図星の様に思えた為私のトリセツとして参考迄に載せてみた。兵庫県音楽療法講座「専門講座」受講者選考試験3年連続不合格や自分の入退院の繰返しや父の入院や以前から熱望し続けていた障害を持つ子供達にピアノの専門教育を行うという求人に不採用等波乱万丈の人生だけど音楽を愛する気持ちだけは誰にも負けない自信有。

海外からの旅行者さん 国内の旅行者さん ご近所さん

訪問演奏

交通費を全額出して貰える事と障害を抱えている為介助が必要だけどこの条件さえ受け入れて貰えるなら自分の出来る範囲内でソロでも伴奏でもアンサンブル(連弾、2台のピアノ、室内楽等)でも喜んで演奏させて欲しいです。昔から障害を持つ子供達に音楽を教えられる教員を志望していた事と音楽療法の分野に関心がありいずれは聴覚障害を持つ方にも自分が携わっている音の世界に触れて貰いたいという夢?目標?の様なものもあります

ボランティア(報酬なし) 地域の催し(報酬なし) お仕事(報酬あり) エキストラ(報酬あり) レッスン(報酬あり)

兵庫県

あきこさんが投稿した音楽のボランティア・お仕事掲示板

音楽のボランティア・お仕事掲示板には投稿していません。

上部へ