• プロのクラシックコンサート・演奏会
  • 一覧

林美里マリンバコンサート SPARK JOY  ~ かくも、春は、優美に舞う ~

ご優待あり クラシック
プロ

ご優待の詳細の閲覧・お申込みいただくには、ログインしてください。

林美里マリンバコンサート SPARK JOY  ~ かくも、春は、優美に舞う ~|クラシックコンサート

>

林美里マリンバコンサート SPARK JOY  ~ かくも、春は、優美に舞う ~|クラシックコンサート

>

アンディフェロンス Indifference  林美里

公演日

2020年04月25日(土)
13時00分開場 14時00分開演

会場

神奈川県 鎌倉市二階堂890‐1
松本尚記念ホール 鎌倉女子大学二階堂学舎◇鎌倉駅バスターミナル5番乗り場から10分。 「杉本観音」下車。鎌倉方面に100M戻る。

ご案内

「かくも、春は、優美に舞う」がごとき、、
林美里マリンバソロ。
そして、チェロ&バイオリンを迎え、トリオで織りなす
スパークでジョイな木音色。

このメンバーで演奏した 去年の ~感 触~ コンサートは
大変ご好評を頂きました。
われわれメンバーも、とても楽しく演奏出来た思いと、
その気持ちとともに、瞬間を生み出す芸術故、
終わった後に「 もっとやれたはず 」の心残りもございました。
さらにブラッシュアップして演りたい!
との想いが募り、プログラムを練り直し
再演の運びとなりました。


会場のホールは天井が高く通風も可能な開放的な作りと
なっています。オープンエアにし、客席の椅子も
お客様ご自身がお好きなところにお持ちになり、
( ブロックではなく水玉方式 )お楽しみ頂けるよう、
いつもとは、ちょっと違った雰囲気で行います。



◇ プログラム抜粋 ◇

Two Violins in D minor BWV1043 / J S Bach
仮面舞踏会ワルツ / Aram Il'ich Khachaturian
マリンバ現代曲 他


□ Marimba 林 美里 □

東京音楽大学打楽器科首席卒業
幼少より岡田眞理子氏のもと、マリンバをはじめる。
有賀誠門氏、藤本隆文に師事。卒業後、神谷百子氏に師事。
2002年渡仏。Conservatoire Paris - C.N.R - マリンバ科、
Conservatoire au Luxembourg、
Conservatoire Erik Satie を卒業。
Eric Sammut氏 ( パリ管弦楽団首席打楽器奏者 )、 
Emmanuel Sejourne氏に、またラテンパーカッション全般を
Paul Mendy氏に師事。演奏技法、作曲法を学ぶ。

ダンサーとマリンバソロのコラボレーションを
Paris Theatle d’Abes で公演。
Paris Theatle de Mogadoll にて『パリ管弦楽団コンサート』
オープニングアクトにマリンバソリストとして抜擢。
「 International Dance Festival in Luxembourg 」において
Steve Reich 「 Drumming 」 をダンサーとの
コラボレーションで公演。
多数のメディアから絶賛を得て再演。
イタリア人アーティストとデュオユニットを結成。
このデュオの楽曲が、パリ市主催アートコンクールの
音楽部門唯一の受賞となり、現代音楽のアルバム
「 exces d'identite 」が、イタリアのレーベルより
西ヨーロッパ各国にてリリースされる。
在仏中湘南ビーチFMにて、フランスから「 自分の被写体 」
をテーマに番組企画、パーソナリティーを2年勤める。

帰国後はセルフプロデュースにこだわり、
独創的なアイディア、コラボレーションで、
日本及び海外で音楽活動。
また若き才能の育成活動にも力を入れている。
エアープレーンレーベルより4人組ユニット
God’s Pink による 「 Pinkの気配」 をリリース。
海外の Art Festival に招待されソロコンサート.。
International Marimba Festival で、
マスタークラスコンサート。
National Chulalongkorn University Thailandの
特別客員講師を勤める。


□ Cello 薄井紳助 □

兵庫県出身。
東京音楽大学卒業。
菅野博文、松波恵子、岩崎洸の各氏に師事。
ソリストとして、また室内楽、オーケストラ等を中心に、
アーティストのサポートやレコーディング、
自らの主催公演をシリーズで行うなど活動は多岐に渡る。
11年河瀬直美監督「朱花の月」18年公開「vision」において、
チェロ演奏で参加。
06~13年まで、東京シティ・フィルハーモニック
管弦楽団に在籍。
オリジナルの歌とチェロにより「ひとつの絵のような」
をリリース。


□ Violin 長谷川淳一 □

東京都出身
東京芸術大学、ドイツエッセンス音楽大学卒業。
その後ロンドンにおいて音楽活動。
エッセンスフォルクヴァング室内管弦楽団の
コンサートマスターを3シーズン務める。
同楽団を指揮者なしで率いて、ドイツ国内ツアーを行う。
独立後は自身の重点である、バロックから現代音楽に
至るまで、ヴァイオリンソロ演奏会、
また「Geigeohne Grenzen / 境のないヴァイオリン」の
コンセプトのもと、様々な民族楽器とのコラボレーションを
行う。2020年、自身初のソロアルバム 「 violin 」
をリリース。
また、日本、ドイツに於いて 「パガニーニの24のカプリース」
全曲演奏会を行う予定。

料金

前売り3800円 / 当日3990円(全自由席) Drink & Cake サービス

主催

ミミメソッド研究所
上部へ