• プロのクラシックコンサート・演奏会
  • 一覧

日本演奏連盟ニューアーティストシリーズ「トリオピアコンサート~クララ・シューマンをめぐる熱い調べ~」

室内楽 クラシック
プロ
日本演奏連盟ニューアーティストシリーズ「トリオピアコンサート~クララ・シューマンをめぐる熱い調べ~」|クラシックコンサート

春の宵、響きのよいホールでロマン派三重奏の世界に浸ってみませんか?>

日本演奏連盟ニューアーティストシリーズ「トリオピアコンサート~クララ・シューマンをめぐる熱い調べ~」|クラシックコンサート

妻を超えて、音楽家クララ・シューマンとしての魅力をお届けします✨>

伊藤万桜リサイタルよりファウスト幻想曲 @東京文化会館小ホール

公演日

2020年03月23日(月)
18時30分開場 19時00分開演

会場

東京都 練馬区練馬(西武池袋線練馬駅前)
練馬文化センター小ホール(つつじホール)

ご案内

春の宵に 大人クラシック
日本演奏連盟/増山美知子奨励ニューアーティストシリーズ

vn伊藤万桜 pf浅野桜子 vc朴賢娥

ブラームス:ピアノ三重奏曲 第1番
クララ・シューマン:ピアノ三重奏曲
シューマン:献呈

チケットは、
練馬文化センター窓口、チケットぴあ、
イープラス、または、
伊藤万桜サイトよりお申込み承ります✨

○日本演奏連盟サイト(紹介されています)
http://www.jfm.or.jp/concert/?m=detail&l=11&d=1918

○伊藤万桜サイト
https://www.maoito.info

○トリオピア TrioPIA について
ピアノ:浅野桜子(東京藝術大学・大学院、ウィーン国立音楽大学修了)、ヴァイオリン:伊藤万桜(東京音楽大学・大学院修了)、チェロ:パクヒョナ(淑明女子音楽大学、桐朋学園大学院大学修了、東京音楽大学博士課程修了、同指揮科アドヴァイザー)の女性3人は、2018年にウィーンと東京で運命的出会いを果たして結成され、その後3度のコンサートで満場の喝采を得た実力派のピアノトリオです。

今回4回目は、日本演奏連盟のオーデションに合格して「増山美知子奨励ニューアーティストシリーズ」として、日本演奏連盟の後援・助成によるPIAの自主開催となります。そのお陰で、今までの6倍超のキャパを持つ本格クラシックホールにて開催できるチャンスを獲得しました。

それぞれに、オーケストラのソリストや海外での演奏実績を持ちますが、20代後半~30代前半の若手の演奏家です。

韓国出身のパクヒョナは、ベルリン交響楽団と共演し、3か国語を流暢に駆使する才媛として女性誌にも取り上げられ、現在は東京音楽大学の指揮科アドヴァイザー等を務めつつ有名演奏家との共演を重ねるチェリストです。

ピアニストの浅野桜子は、スペインの マリア・カナルス国際音楽コンクール入賞後、カタルーニャ美術館等でリサイタルを開催した国際的実力派で、多くの後進の指導にもあたっています。

伊藤万桜は、10代よりイタリア・フランス・ドイツ・ロシアの音楽祭等に出演、昨春、東京音楽大学院を巣立ち、同年10月、文化庁/日本演奏連盟主催によるリサイタルを東京文化会館小ホールにて開催し大成功を収め、今年はソリスト・ユニットの MUTIA(ミューティア)のリーダーとしての活動も本格化するヴァイオリニストです。

これまでの3回の演奏会では、メンデルスゾーンやベートーヴェンのピアノ三重奏曲に取り組んできたPIAですが、
今回は、ぐっとロマンティックに、春の宵にふさわしいプログラムをお届けします。

内面的な美しさを繊細な表現で深く叙情的に3人が絡み織り成す調べは、情熱を燃え立たせ空想を羽ばたかせるロマン派の魅力の真骨頂! 日常を忘れ思わず引き込まれていくピアの世界!!

言葉のない器楽音楽だからこそ、自由に思いを巡らせて、曲から感じるインスピレーションを楽しんでみませんか?

クラシックコンサートにあまり縁のなかった方々も一緒にホールの響きを感じて何かを分かち合えたらいいなと思っています。
 
皆様のご来場をお待ちしております!

料金

全自由席 3,000円、学生:2,000円

ホームページ

主催

主催:PIA (事務局:MIグループ)
上部へ