• プロのクラシックコンサート・演奏会
  • 一覧

※完売しました!フェニックス・エヴォリューション・シリーズ90 古瀬まきを ソプラノリサイタル ~La voix humaine~

オペラ クラシック
プロ
※完売しました!フェニックス・エヴォリューション・シリーズ90 古瀬まきを ソプラノリサイタル ~La voix humaine~|クラシックコンサート

>

※完売しました!フェニックス・エヴォリューション・シリーズ90 古瀬まきを ソプラノリサイタル ~La voix humaine~|クラシックコンサート

>

公演日

2019年11月13日(水)
18時30分開場 19時00分開演

会場

大阪府 大阪市北区西天満4-15-10 (梅田新道・東南角 あいおいニッセイ同和損保フェニックスタワー内)
あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール

ご案内

※完売しました!

出演 : 古瀬まきを(ソプラノ)、遠藤玲子(ピアノ)、藤野明子(字幕)
プログラム
第1部 
F.プーランク:偽りの婚約(全6曲)
團伊玖磨:ジャン・コクトーに依る八つの詩(全8曲)

第2部
 F.プーランク:オペラ「人間の声」〈字幕付・原語上演〉


〜今も昔も変わらない、愛と電話の呪縛〜
電話、ポケベル、携帯電話、スマートフォン…人間が生み出した便利なコミュニケーションツールでありながら、いつのまにか私達を縛り付ける電話。その電話を題材にしたプーランク作曲、ジャン・コクトー原作のモノオペラ「人間の声」を中心とするリサイタルです。
前半には、プーランクとコクトーに縁深いルイーズ・ドゥ・ヴィルモラン詩に寄る歌曲集「偽りの婚約」、コクトーの詩(訳:堀口大学)に團伊玖磨が作曲した「ジャン・コクトーに依る八つの詩」を演奏。オペラ「人間の声」は1930年にコクトー作の戯曲として初演、1959年プーランクによってオペラ作品として発表された全一幕のオペラです。たった一人の歌い手により演じられるこの作品は、およそ45分間電話機での会話のみに終始し、人間の繋がりの危うさ、心のもろさを描いた名作です。演者の息づかいが、視覚的にも音響的にも手に取るように味わえるザ・フェニックスホールでの上演に、“歌う女優古瀬まきを”が挑みます!オペラの概念を覆す濃密な演劇的空間を、ぜひご体感ください!
(フェニックス・ホールHPより)


チケットお申し込み・お問い合わせ
○古瀬まきをリサイタル実行委員会
Tel: 070-6472-8871 
Fax: 06-7897-9177 
sopmakiwo@hotmail.co.jp

○ザ・フェニックスホール チケットセンター
Tel:06-6363-7999 (平日10:00~17:00 / 土日祝 休業)

料金

全席自由 一般 ¥3,000 / 学生 ¥2,500 ※学生券は大学生以下対象 ザ・フェニックスホール友の会価格 ¥2,700

主催

主催:古瀬まきをリサイタル実行委員会/共催:あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール/協賛:あいおいニッセイ同和損保
上部へ