• 演奏会カレンダー
  • 一覧

東京海洋大学・共立薬科大学管弦楽団 第44回 秋季定期演奏会

未設定

未設定

学生 未設定

公演日

2017年12月24日(日)
13:15開場 14:00開演

会場

東京都 東大和市
東大和市民会館ハミングホール 大ホール

ご案内

今回の海オケのメイン曲は、かの有名な交響曲第8番「新世界より」です!
この曲はドヴォルザークがアメリカに訪れた際に書かれた曲です。
ドヴォルザークがアメリカで出会う新しい文化、音楽に刺激を受けたり、故郷のチェコを懐かしんだりと言ったドヴォルザークが新天地で体験した事が曲にとても反映されています。この曲が評価されている理由として各場面においての表現が分かりやすく、クラシックにあまり馴染みのない方でも親しみやすいという所があります。
1楽章冒頭ではドヴォルザークがアメリカまで船で移動して来た際に、海から見えたアメリカ大陸とその向こう側に見える夕焼けを表現しているとよく言われます。
また、4楽章はこれまでの1、2、3楽章で使われていたメロディーが全て登場する、言わばこの交響曲の集大成とも言える楽章です。
この曲の中で最も派手であり、最後を飾るに相応しい気持ちがいい楽章と言えます。様々な冒険をした後に曲の最後では新世界への希望と共に管楽器の長いデュミネンドで曲が終わっていきます。
新世界は、メイン曲として堂々たる曲ですので、是非お聞きいただければと思います。

続いては前中曲の紹介です。まずはボロディンの交響曲3番の紹介です。
ロシアの作曲家のボロディンは医科大学の教授を務めていて多忙な生活を送っていました。そのため作品数は少なく、交響曲は3つ残されていますが、最後に書かれた交響曲第3番は未完のまま終わっており、グラズノフによって補筆され残されました。
短い交響曲でありながら、交響曲第3番にはボロディン特有の哀愁にあふれたメロディーが散りばめられています。特に2楽章トリオのメロディーは新世界の2楽章のメロディーと同様に5音音階で書かれています。
そんなボロディンの美しい旋律を楽しんでいただければと思います。

皇帝ボリスは、ロシアの作曲家、ヴァシリー・カリンニコフによって作曲された、ロシアの皇帝、ボリス・ゴドゥノフを描いた曲です。マイナーな曲ですので、カリンニコフの交響曲1番2番を知っている方でもこの曲は知らないかもしれません。(何しろ楽譜が日本に無くて海外から来輸入した程なので笑)また、この曲はカリンニコフが重い病と闘いながら作曲した曲であり、強い生への希望がとても曲に反映されている様に感じます。
この曲はカリンニコフお得意の循環形式と言うので構成されています。循環形式とは、ある1つの主題が別のところで戻って来て、また再びメロディーとして現れると言うものです。5個ある主題1つ1つが皇帝の何かを表していると言われています。どの主題が何を表しているのか、お考えになりながらお聞きください。何もともあれ、とても格好の良い曲ですので、楽しんでお聞きいただければと思います。

どの曲もとても素晴らしい曲ですので、部員一同演奏会に向けて日々練習を積んで来ておりますので、是非お聞きに来てください!宜しくお願いします!

【曲名】カリンニコフ 「皇帝ボリス」序曲 
【URL】https://youtu.be/MsY98E8SS5U

【曲名】ボロディン 交響曲3番
【URL】https://youtu.be/lxQCzKWplhQ

【曲名】ドヴォルザーク 交響曲9番 「新世界」
【URL】https://youtu.be/5XStzJRHBn4

料金

全席無料、自由席となっております。

主催

お問合せ

東京海洋大学・共立薬科大学管弦楽団 第44回 秋季定期演奏会について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

相手様がわかるお名前をご入力ください。

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。 この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ