• 演奏会カレンダー
  • 一覧

第17回定期演奏会

招待券あり 吹奏楽

名東ウインドオーケストラ

一般 吹奏楽
招待券あり

この演奏会には招待券があります。希望席数をお知らせください。

公演日

2015年08月23日(日)
15:00開場 15:30開演

会場

愛知県 長久手市
長久手市文化の家 森のホール

ご案内

★プレトーク開催のお知らせ★
開演前に指揮者=稲垣雅之さんによるプレトークを行ないます。
マエストロのプレトークを聴くと、演奏会をより楽しめること間違いなし! ぜひ少しお早目に会場にお越しください。

-----------------------

~日本現代作曲家4人が個々の感性、哲学を込めた名作を集めました !~

【飛天の舞】(松下 功)
不動明王の御真言のリズムである2+3+3, 2+2+2, 2+3+2という21拍子を、煩悩の数の108回繰り返す中を、木管楽器が演奏する飛天のテーマが舞います。松下功の代表曲である「飛天三部作」の中の一曲で、自身が集大成だと認めた名作です。

【吹奏楽のための「風之舞」】(福田 洋介)
2004年度全日本吹奏楽コンクール課題曲。日本のオリジナリティ”をテーマに「架空の歌舞伎舞台」をイメージして作られた作品です。

【楓葉の舞 全曲版】(長生 淳)
長生淳の代表作である「四季連祷」の中で秋を彩る一曲。楓の舞い散る紅あざやかな秋、そして別離のイメージからくる、寂しさ、激しさ、悲しみ、喜び、そして別れなどの感情が盛り込まれています。微妙な和音の変化がダイレクトに聴く者の心を揺さぶる作品です。

【吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」】(伊藤 康英)
鎖国時代、長崎の隠れキリシタンの文化をテーマにした作品で、タイトルの「ぐるりよざ」は、長崎県の生月島に伝わったキリスト教の聖歌「Gloriosa」からきています。現代日本を代表する吹奏楽曲の一つとして、海外でも高い評価を得ている作品です。

【曲名】飛天の舞(松下功)

【曲名】吹奏楽のための「風之舞」(福田洋介)

【曲名】楓葉の舞 全曲版(長生淳)

【曲名】吹奏楽のための交響詩「ぐるりよざ」(伊藤康英)

料金

1,000円(前売り800円)

ホームページ

主催

お申込み

第17回定期演奏会について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

相手様がわかるお名前をご入力ください。

100文字以内。

メールアドレス
ご招待申込み
  • ご招待の希望席数
楽団へのメッセージ

1000文字以内。

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。
チケットの引き換え方法などは楽団さんからのご案内をお待ちください。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ