• 演奏会カレンダー
  • 一覧

L.v.B.室内管弦楽団第24回演奏会

オーケストラ

L.v.B.室内管弦楽団

一般 オーケストラ

公演日

2011年09月25日(日)
14:00開場 13:30開演

会場

東京都 府中市
府中の森芸術劇場 ウィーンホール

ご案内

今回は「ジュピター」を選曲の中心としてみました。
中期の交響曲を演奏して、モーツァルトの偉大さを感じてきた後に、至高の名曲を取り上げております。

あわせて演奏するのは1番の交響曲。
作曲年は少し離れていますが、「ジュピター」が古典派の集大成とすれば、ベートーヴェンはロマン派のはじまり、時代の変革と言えるかもしれません。

古典交響曲の特徴の一つは第3楽章にメヌエットが配されることにあります。
「ジュピター」は終楽章のフーガ(フガート)に言及されることが多いようですが、メヌエット楽章も非常に魅力ある曲となっています。

一方、第1番のメヌエットは、続くベートーヴェンが打ち立てた、第3楽章にスケルツォを配置することを予感させ、時代が変わりつつあることを感じさせてくれます。

前プロとして演奏する「マスクとベルガマスク」は一見「ジュピター」、1番とは関連がないように思えるかもしれませんが、このメヌエットを含むところが共通しています。
1788年作曲の「ジュピター」はメヌエットの時代、時代の殻を打ち破ろうとする1800年作曲の1番、20世紀から古典の時代を振り返った1918年作曲の「マスクとベルガマスク」、三者三様のメヌエットを演奏してみたいと思います。

【曲名】L.v.ベートーヴェン 交響曲第1番ハ長調作品21

【曲名】G.フォーレ 組曲<<マスクとベルガマスク>> 作品112

【曲名】W.A.モーツァルト 交響曲第41番<<ジュピター>> ハ長調 K.551

料金

1000円

ホームページ

主催

 お問合せ・お申込み

L.v.B.室内管弦楽団第24回演奏会について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

相手様がわかるお名前をご入力ください。

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。