• 演奏会カレンダー
  • 一覧

東京大学フィロムジカ交響楽団 第35回定期演奏会

オーケストラ

東京大学フィロムジカ交響楽団

学生 オーケストラ

公演日

2011年12月18日(日)
13:30開場 14:00開演

会場

東京都 武蔵野市
武蔵野市民文化会館 大ホール

ご案内

東京大学で最大規模のオーケストラ“フィロムジカ”の、半年に一度の演奏会です。【入場無料】ですので、どなたさまもお気軽にお越しください。

~演奏会の聴きどころ~
 今回の演奏会のオープニングを飾るのはワーグナーの楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲。ワーグナーの作品中でもっとも親しまれている曲のひとつです。重厚で祝祭的な雰囲気に溢れたこの曲は、式典などに使われることも多く、耳にしたことのある方も多いことと思います。金管楽器の充実した編成にもご注目ください。
 続いて2曲目はドヴォルザークの交響詩「水の精」です。この曲はチェコの詩人であるエルベンの詩がもとになっており、恐ろしい水の魔物「ヴォドニーク」に捕らえられた娘とその子供の悲劇を、多様な表現でリアルに描いています。ストーリーを思い浮かべつつ、音楽で表される詩の世界をお楽しみください。
 そして演奏会のメインとなるのが、ブラームスの交響曲第2番です。ブラームスの「田園」と呼ばれることもあるこの曲は全ての楽章が長調で書かれており、全曲を通して明るく楽天的な曲想を持っています。ブラームスは晩年に、自らが書いたもっとも美しい音楽はこの曲の第2楽章だと語ったとも伝えられ、温かく美しい旋律は魅力的です。伸びやかな歌に満ちながらも、隙のない構成と堂々とした雰囲気も持ち合わせた名曲―今回はフィロムジカならではの100人超の大編成でお送りします。
 私たちが半年間で創り上げてきた音楽を、是非会場にて感じてください。

【曲名】R.ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲

【曲名】A.ドヴォルザーク 交響詩「水の精」 作品107

【曲名】J.ブラームス 交響曲第2番 ニ長調 作品73

料金

無料(カンパ制)

主催

 お問合せ・お申込み

東京大学フィロムジカ交響楽団 第35回定期演奏会について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

相手様がわかるお名前をご入力ください。

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ