• 演奏会カレンダー
  • 一覧

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団第37回定期演奏会

招待券あり オーケストラ

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団

一般 オーケストラ
招待券あり

この演奏会には招待券があります。希望席数をお知らせください。

公演日

2016年09月11日(日)
13:30開場 14:00開演

会場

東京都 葛飾区
かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

ご案内

 イングランド南西部のサマセット地方に伝わる民謡をもとに作られた、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルスト(1874–1934)のサマセット狂詩曲。オーボエ・ダモーレによるソロが郷愁を誘う。オーボエ・ダモーレはオーボエの仲間だが、オーケストラでもほとんど使われることがないので、実際に聴くことの出来るこのコンサートは、貴重な機会といえよう。

 古典派を代表するオーストリアの大作曲家フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732–1809)。イギリスでもたいへんに愛されていた彼が、ロンドン滞在中に作曲した交響曲第103番は、ティンパニの長い連打があることから「太鼓連打」という愛称がある。
 晩年、イギリス準男爵に叙されたサー・エドワード・ウィリアム・エルガー(1857–1934)が作曲したエニグマ変奏曲。妻のアリスを喜ばせようと、友人たちの特徴を捉えて肖像画を描くように旋律を変奏させていった。第1変奏は「C.A.E.」。愛妻キャロライン・アリス・エルガー(Caroline Alice Elgar)の頭文字となっている。

 この演奏会ではイギリスにちなんだ曲を取り上げるが、ハイドンはともかく、ホルストもエルガーも、モーツァルトやベートーヴェンやチャイコフスキーと違って、誰もがその名を知っている……という存在ではない。音楽も、艶やかな優雅さとか、厳かな重厚感とか、ほとばしる情熱とかいった、即座に人を惹きつける特徴を持った曲ではないかもしれない。しかし、練習していくなかで、知れば知るほど感じるのは、その味わい深さである。一日が無事に終わって安堵したり、友人や家族や恋人たちと語らったり、なにげない日常の中でふと感じる、小さいけれど温かく確かな幸せを思い起こさせる。

【曲名】ホルスト サマセット狂詩曲 /ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」 /エルガー エニグマ変奏曲

料金

前売り 700円 当日 1000円(当日券は午後1時から販売開始)

ホームページ

主催

お申込み

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団第37回定期演奏会 について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

相手様がわかるお名前をご入力ください。

100文字以内。

メールアドレス
ご招待申込み
  • ご招待の希望席数
楽団へのメッセージ

1000文字以内。

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。
チケットの引き換え方法などは楽団さんからのご案内をお待ちください。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ