• 一般演奏会カレンダー
  • 一覧

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第36回定期演奏会

オーケストラ

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団

一般 オーケストラ

公演日

2016年02月14日(日)
13:30開場 14:00開演

会場

東京都 葛飾区
かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

ご案内

演奏会の聴きどころ
 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770–1827)とリヒャルト・シュトラウス(1864–1949)。ともにドイツが生んだ偉大な作曲家である。二人にはもうひとつ、興味深い共通点がある。それは、父親が職業音楽家であり、我が子が音楽の道を進むよう、幼いときから環境を整えたことである。
 ベートーヴェンの父は宮廷歌手で、息子が「第二のモーツァルト」となることを望み、小さいころからスパルタ教育を行った。ルートヴィヒは、8歳でピアニストとしてデビュー、11歳で宮廷音楽家になり、12歳で作品が出版されるなど、期待通りの神童ぶりである。ウィーンに移り住んでからも、最初はピアニストとして、のちに作曲家として、絶大な名声を得るようになった。「レオノーレ」序曲第3番は、単独で演奏されることの多い魅力的な作品である。交響曲第3番は、規模においても、構成においても、それまでの交響曲のイメージをくつがえす画期的な大作で、現在でもたいへん人気が高い。ベートーヴェンは、ピアノ曲、室内楽曲、宗教曲など数多くの秀作を残し、特に交響曲の分野では、後年の作曲家たちを悩ませるほどの絶対的な存在となった。
 シュトラウスの父は卓越したホルン奏者で、音楽院の教授でもあり、作曲もした。徹底した古典主義者で、息子への音楽教育もその考えのもとにほどこされている。シュトラウスも父の教えを守り、初期の作品は実に保守的なものであった。しかし、長じてからの彼は革新的な音楽に目覚め、父が嫌っていた新しい世界に足を踏み出す。その第一歩として発表されたのが交響詩「ドン・ファン」である。以降、独自の音楽を生み続けてゆく彼は、器楽音楽でもオペラでも大成功を収めた希有な作曲家である。
 父の背中を越えてゆく力は、時代を超越するほどに大きく羽ばたく力となった。


【曲名】ベートーヴェン 「レオノーレ」序曲第3番

【曲名】リヒャルト・シュトラウス 交響詩 「ドン・ファン」

【曲名】ベートーヴェン 交響曲第3番 変ホ長調 「英雄」

料金

前売り 700円 当日 1000円 (当日券は午後1時から販売開始)

ホームページ

主催

お申込み

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第36回定期演奏会について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

現在、本演奏会については、お申込み・お問合せは受け付けておりません。

上部へ