• 一般演奏会カレンダー
  • 一覧

【公演中止】ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第44回定期演奏会

招待券あり オーケストラ

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団

一般 オーケストラ
招待券あり

この演奏会には招待券があります。希望席数をお知らせください。

新型コロナウイルスの状況を鑑み、この度の演奏会を中止とさせていただきます。 公演を待ち望んでいただいておりました皆様、また関係者の皆様には心より深くお詫び申し上げます。 誠に申し訳ございません。

公演日

2020年05月10日(日)
13:30開場 14:00開演

会場

東京都 葛飾区
かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

ご案内

新型コロナウイルスの状況を鑑み、この度5月10日の演奏会を中止とさせていただきます。
公演を待ち望んでいただいておりました皆様、また関係者の皆様には心より深くお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございません。
次回以降の演奏会にてお待ち申し上げます。 詳しくは当団Webサイトをご確認ください。

___________________________________
指揮 吉川 武典

メンデルスゾーン フィンガルの洞窟
ブルックナー 交響曲第5番

演奏会の聴きどころ
 古代ギリシアの哲学者ピタゴラスは、宇宙の本質を探るために哲学を極め、万物は数の法則に従っているという理論を打ち立てた。調和する音には数学的な規則性があることを発見した彼は、「音楽を知れば、宇宙の調和の仕組みが解明できる」と考えた。調和する音、すなわちハーモニーである。17世紀になって、ひとつの音(基音)には2以上の整数倍の周波数を持つ別の音が含まれていること、その音の含まれ方によって音色が変わることが発見された。これを倍音という。そして、たいへん豊かな倍音を持ち、ハーモニーを奏でることの出来る楽器、パイプオルガンは、「宇宙の調和を表すために生まれた」と言われていた。
 オーストリアの作曲家アントン・ブルックナー(1824–1896)はオルガン奏者の父のもとに生まれ、10歳になるころには父に代わって教会のオルガンを弾くほどの音楽的才能を見せた。オルガン奏者として大成功をおさめたのち、本格的に作曲を始めたのは三十代後半と異例の経歴を持つ。彼の作り出す作品には、オルガン奏者として向き合い続けてきただろう「宇宙の調和」を感じることが出来る。交響曲第5番は1875年から1878年にかけて作曲された。対位法的手法、フーガ、金管楽器によるコラールが際立つこの曲は、作曲家自身によって「対位法的」交響曲、あるいは「幻想風」交響曲と呼ばれている。
 演奏会の前半ではドイツの作曲家フェリックス・メンデルスゾーン(1809–1847)の「フィンガルの洞窟」を取りあげる。20歳のころ、スコットランド旅行中にヘブリディーズ諸島にあるフィンガルの洞窟を訪れ、大きな感銘を受けて作曲された。島に打ち付ける波しぶきや洞窟内の静謐な光が目に浮かんでくる、美しい風景画のような作品である。

チケットお取り扱い ◇ かつしかシンフォニーヒルズチケットセンター (窓口販売のみ。営業時間 10:00-19:00)
公演お問い合わせ ◇ pubinfo@brokat.jp (広報係) TEL 03-5980-8332 (田中丸)
主催 ◇ ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 http://www.brokat.jp/
*車椅子でのご入場をご希望の方は4月30日(木)までに、公演お問い合わせ先までご連絡ください (定員がありますので、お早めにお申し込みください)。
*チケット割引サービス 団ホームページにありますチラシの画像はクリックすると拡大表示されます。プリントアウトしたチラシ画像を当日ホールにお持ちいただくと、前売り料金700円でチケットをご購入いただけます。チラシ1枚で何名さまでも有効です。

料金

入場料 自由席 (一部に指定席がございます。) 前売り 700円 当日 1000円 (当日券は午後1時から販売開始)*小学校入学前のお子さまの入場はご遠慮いただいております。

ホームページ

主催

ブロカートフィルハーモニー管弦楽団

お申込み

【公演中止】ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第44回定期演奏会について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

現在、本演奏会については、お申込み・お問合せは受け付けておりません。

上部へ