豊島区管弦楽団

一般 オーケストラ

豊島区管弦楽団の楽団紹介

豊島区管弦楽団は、音楽面からの文化の基礎づくり活動の一環として、1975年(昭和50年)豊島区教育委員会の主幹により、東京都23区では初の区設置の管弦楽団として創立された、アマチュア・オーケストラです。
 現在、楽団員数は約90名。練習は毎週末、土曜日の夜か日曜日の午前中、Tutti(全体合奏)を中心に行っています。演奏会は年3回(2回の定期演奏会と、としま区民芸術祭)開催しているほか、区民ひろば等区内各地でのミニコンサート、有志による室内楽コンサートも行っています。また、豊島区の成人式における賛助演奏を行っています。このほか、年2回の強化合宿(2泊3日)、また随時パート練習も行なっています。定期公演の会場には、主に東京芸術劇場を使用しています。
 様々な職業を持つ団員たちが、お客様に上質な音楽と豊かなひとときを提供できるよう、毎週の練習に取り組んでいます。平成27年には設立40周年を迎え、さらなる飛躍を目指して活動を続けています。

主な活動地域

東京都|豊島区

その他の活動地域

東京都|江東区

訪問演奏

地域の催し

ホームページ

更新日 2018/12/26

 お問合せ

豊島区管弦楽団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ