佐賀交響楽団

一般 オーケストラ

佐賀交響楽団の楽団紹介

当楽団は、昭和52年に佐賀市で創立された市民オーケストラです。

 佐賀市と周辺地域在住のクラシック音楽愛好家・演奏家約70名で構成しています。
団員の中から理事・幹事を選出し運営、練習指揮者やコンサートマスターなどで構成する音楽部のリードで毎週火曜日に佐賀市文化会館などで練習を行っています。
プロの演奏家をトレーナーとして積極的に招聘し、更なるレベルアップを図っています。

 毎年1回開催する定期演奏会の他、秋の佐賀市民芸術祭や、年末には恒例の「さが県民第九」公演担当オーケストラとして地域音楽文化の発展向上に努めています。
 平成27年には長年にわたる地域文化振興への貢献が認められ文部科学省より「地域文化功労者文部科学大臣表彰」を授賞しました。

 近年の定期演奏会では、佐賀ゆかりの若手演奏家、副島響子さん(ピアノ)、木須すみれさん(ヴァイオリン)、古賀大路さん(ピアノ)、古賀小百合さん(ピアノ)、金丸響子さん(トランペット)、増井ゆかりさん(ピアノ)らをソリストに招き地元に根ざした演奏活動を繰り広げています。
 5年ごとの節目を飾る記念演奏会では、国内外の著名な演奏家をお招きしています。
第30回は、巨匠故ゲルハルト・ボッセ氏を招聘、メインにブラームスの「交響曲第1番」、サブメインのソリストにヴァイオリンの岡山潔さん、佐賀が誇るビオリスト川崎和憲さんの両氏を招きモーツアルトの「ヴァオリンとビオラのための協奏交響曲」を演奏し好評を博しました。
第35回は、日本を代表するチェリスト長谷川陽子さんをソリストに迎え、ドボルザークの「チェロ協奏曲」を演奏し好評を博しました。

平成29年に創立40周年を迎え、同年2月に開いた第40回記念定期演奏会では、メインにベルリオーズの大曲「幻想交響曲」を、サブメインには世界的ヴァイオリニスト堀米ゆず子さんを招きブラームスの「ヴァイオリン協奏曲」を演奏し高い評価を得ました。
今後も、地域に根ざした市民オーケストラとして、クラシック音楽の魅力をお伝えできるように更なる挑戦を重ねてまいります。

主な活動地域

佐賀県|佐賀市

訪問演奏

ボランティア 地域の催し

ホームページ

更新日 2019/03/29

 お問合せ

佐賀交響楽団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
あなたがお使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合を多く抱える古いブラウザのため、開発元のMicrosoft社でも移行を勧めております。
WEB閲覧には安全上の問題や、快適性を考慮して、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザをご利用ください。
    
Chromeのダウンロード
上部へ