ブルーメン・フィルハーモニー

一般 オーケストラ

ブルーメン・フィルハーモニーの楽団紹介

 ブルーメン・フィルハーモニーは1993年8月、指揮者・寺岡清高氏の提唱により1回きりのオーケストラとして発足。同年9月の演奏会が好評を呼び、アマチュアとしての良さを生かしつつも、技術・音楽性の両面において一流となることを目指した常設オーケストラとして再スタートした。
 現在都内を中心に活動中。様々なオーケストラ・室内楽団体での経験豊かな社会人・学生により成り立っている。
 これまでに指揮者として、寺岡清高、ゲルハルト・ボッセ、中田延亮、金山隆夫、桑田歩、伴野剛、山田和樹、森口真司、寺本義明、堀伝、河原哲也、大森悠、武藤英明、角田鋼亮の各氏らと共演。 2013年に創立20周年を迎え、第40回記念定期演奏会では寺岡清高氏、東京オラトリオ研究会との共演でベートーヴェン「第九」を演奏した。
 2016年5月には「おんがくの共同作業場」主催公演においてマーラー「交響曲第8番」を共演した。
 47回を数える定期演奏会の他、依頼演奏を含む12回の特別演奏会、「室内楽の悦楽」などを行っている。「 ブルーメン(BLUMEN)」とはドイツ語で「花」の意。
 毎回の演奏会で、舞台上に美しい花を咲かせるような、新鮮で生気あふれる演奏がしたい、との思いからつけられた名前である。

主な活動地域

東京都|江東区

訪問演奏

ボランティア

ホームページ

更新日 2018/12/03

 お問合せ

ブルーメン・フィルハーモニーについて

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
あなたがお使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合を多く抱える古いブラウザのため、開発元のMicrosoft社でも移行を勧めております。
WEB閲覧には安全上の問題や、快適性を考慮して、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザをご利用ください。
    
Chromeのダウンロード
上部へ