Vento Musica Orchestra

一般 吹奏楽

Vento Musica Orchestraの楽団紹介

ヴェントムジカオルケストラは2006年3月に発足しました。
音楽監督・常任指揮者にはフリーのクラリネット奏者・船木喜行さんを迎えて、発足時からご指導いただいています。またコンポーザーインレジデンスとして清水大輔さんを迎え、定期演奏会では毎回清水さんの作品を取り上げています。
ヴェントとはイタリア語で「風」を意味します。吹奏楽界に新風を巻き起こすべく、このように名づけられました。当団は社会人と学生で構成されています。年2回の定期演奏会と各種イベントへの参加など、積極的な音楽活動を計画しています。

■楽団情報
名称:ヴェントムジカオルケストラ(Vento Musica Orchestra)
設立:2006年3月
団長:尾作拓郎
音楽監督・常任指揮者:船木喜行
コンポーザーインレジデンス:清水大輔

■指導者紹介
船木喜行 ー 音楽監督・常任指揮者
東京都品川区出身。14歳でクラリネットを始める。法政大学文学部史学科、昭和音楽大学音楽学部、東京藝術大学音楽学部別科を経て、現在フリーランスのクラリネット奏者、マルチリード奏者。オーケストラ、室内楽、吹奏楽、オペラ、ミュージカル、劇音楽、スタジオワーク等、様々な活動を展開している。これまでに6度のソロリサイタルを開催。「TCCP」「アンサンブル・カシオペヤ」各メンバー。現在、昭和音楽大学附属音楽教室クラリネット講師。Vento Musica Orchestra音楽監督・常任指揮者、神奈川県立相模大野高等学校吹奏楽部常任指揮者、グラ―ルウインドオーケストラトレーナー等、吹奏楽の指導にも意欲的に関わっている他、教則本の監修、講習会の講師、編曲など、その活動の幅は広い。

■清水大輔 ー コンポーザーインレジデンス
1980年生まれ。16才から作曲を始め、2002年に昭和音楽大学短期大学部を卒業。作曲を藤原嘉文氏に師事。サクソフォン奏者の福本信太郎氏のために3年続けて、また昭和音楽大学ウィンドオーケストラには6年続けて書き下ろしている。委嘱作品も多く、航空自衛隊中部航空音楽隊、陸上自衛隊東部方面音楽隊、陸上自衛隊第6音楽隊、ヤマハ吹奏楽団浜松、なにわ《オーケストラル》ウィンズ、シエナ・ウインドオーケストラ(編曲)などがある。多数の出版も発売、レンタルされている。CDもいくつかあり、『LOST MOON~清水大輔作品集VOL.2』などが発売され好評を得ている。各種コンクール審査員、吹奏楽指導なども行っている。

主な活動地域

神奈川県|横浜市

訪問演奏

ボランティア

ホームページ

更新日 2018/12/03

 お問合せ

Vento Musica Orchestraについて

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

印は必須項目です。

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ