マーラー祝祭オーケストラ

一般 オーケストラ

マーラー祝祭オーケストラの楽団紹介

2001年春。ベルティーニ、チェリビダッケに学び、当時アルメニアを中心に活躍していた注目の指揮者・井上喜惟(ひさよし)の提案により、「ジャパン・グスタフ・マーラー・オーケストラ」が発足しました。メンバーは学生から一般社会人まで幅広い年齢で構成され、また弦楽器を中心に複数のプロ音楽家が共同参加。ウィーンの国際マーラー協会から承認を受け、年一回マーラーの交響作品を中心に採り上げてきました。

2015年に「マーラー祝祭オーケストラ」に改称し、2015年8月に交響曲「大地の歌」、2016年2月に交響曲第8番「千人の交響曲」を演奏して、これを以て全交響曲のサイクルが完結しました。しかし、これで終わることなく、マーラーを愛するオーケストラは再び新たなサイクルを開始しました。

今後は、マーラーの作品のみならず、マーラーが敬愛したブルックナーやマーラー以降に綺羅星の如く現れた様々な作曲家、アレクサンダー・ツェムリンスキー、アルノルト・シェーンベルク、フランツ・シュミット、アントン・ヴェーベルン、アルバン・ベルク、エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ等の作品も採り上げて行きます。

主な活動地域

神奈川県|川崎市

その他の活動地域

東京都|渋谷区代々木
更新日 2022/09/21

 お問合せ

マーラー祝祭オーケストラについて

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

印は必須項目です。

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ