国分寺チェンバーオーケストラ(KCO)

一般 オーケストラ

国分寺チェンバーオーケストラ(KCO)の楽団紹介

1995年春、「古典音楽の楽しさ」を追求すべく、美術大学出身者を中心に東京近郊の有志を募り結成されたアマチュアオーケストラ。現在ではコンセプトに賛同したアマチュア演奏家が広く首都圏より集まります。
坂本徹氏の指導のもと、主にモダン楽器を使用していますが(Tp・Timp等は古楽器)、古楽奏法の豊かな語法を取り入れKCO独自の響きを作り出すことを目指しています。

1995年10月、国分寺チェンバークワイア(混声合唱団)とのモーツァルト「戴冠ミサ」の共演でステージデビュー、好評を得ました。現在の団体名はこの時以来のものです。
1996年9月、ハイドンの交響曲を中心にした初の自主公演の後、国分寺チェンバークワイアと共にドイツ各地(シュトゥットガルト、マイナウ、ベルリン、ポツダム)への演奏旅行を敢行。
1998年3月、「エロイカ交響曲(第3)」自主公演を皮切りに、ベーレンライター社最新原典版楽譜使用によるベートーヴェン交響曲全曲演奏計画(通称:ベートーヴェン・プロジェクト)を開始。2002年11月、「第九」公演をもってフィナーレを迎えることができました。
2003年5月より「ハイドン/モーツァルト 後期交響曲シリーズ」を開始。ハイドン交響曲第93~104番、モーツァルト交響曲第35~41番を取りあげ、2007年に4年にわたるシリーズを完結しました。
現在は古典派を中心に、初期ロマン派にもレパートリーを広げ年2回の公演を行っています。

★★メンバー募集中!★★
最新情報、詳細/応募については「団員募集」ページをご覧ください。
http://okesen.snacle.jp/gakudan/member/id/kco

KCOのウェブサイトもぜひご覧ください!
http://www.geocities.jp/KCO_1995/

■Facebookページでは練習や公演風景などをアップしています
https://www.facebook.com/kco1995

■Twitterでもつぶやいています
https://twitter.com/KokubunjiCO

主な活動地域

東京都|国分寺市、国立市、小金井市、小平市など

ホームページ

更新日 2019/04/01

 お問合せ

国分寺チェンバーオーケストラ(KCO)について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ