東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団

学生 オーケストラ

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団の楽団紹介

1998年創立。東京大学、桐朋音楽大学を中心にその他様々な大学の学生により結成され、1999年12月、第1回定期演奏会を行う。これが好評を博し、以来東京大学を活動拠点して年に2回の演奏会を行っている。2003年、ソリスト、トレーナーとして元ハンベルク交響楽団ソロヴィオラ首席奏者岡田伸夫氏を筆頭に元東京カルテット2ndヴァイオリン奏者名倉叔子氏、元ハンベルク交響楽団首席ホルン奏者水野信行、他各氏を迎え、現在では、トレーナー、社会人、学生、音大生からなる新しい形のオーケストラとして注目を集めている。2005年東京国際フォーラムで上演された朗読劇「電車男」に出演、好評を博す。近年では社会貢献活動の一貫として音楽教室や福祉施設などでの演奏にも力をいれている。

主な活動地域

東京都|目黒区
更新日 2018/12/03

 お問合せ

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ