甲府室内合奏団

一般 アンサンブルグループ

甲府室内合奏団の楽団紹介

1975年、アンサンブル・カンティレーナとして発足。1977年からサロン・コンサートを開催し、国内一流の独奏者と共演。演奏技術の向上に努めながら、親しみのある、より身近な音楽会を目指す。1985年、発足10周年にあたり、甲府室内合奏団と改称して記念演奏会を開催し、好評を博す。以後も着実に実績を重ね、これまで通算32回の演奏会を開催。各自様々な職業のかたわら、親しみのある音楽づくりにはげんでいる。
団員は音楽の専門教育を受けた者からアマチュアまで様々で、職業も会社員、医師、公務員、主婦などと幅広い。公的な補助や特定団体の援助を受けることなく、団員の熱意と努力によって団を運営。わずかな余暇を利用して役割を分担しながら、定期的な演奏会、芸術祭、文化祭への参加、学校での音楽教室などの活動を続けるとともに、山梨県の県民オペラやメサイヤの公演などでも中心メンバーとして活躍している。
2000年11月には結成25周年を記念してウィーン演奏旅行を行い、ウィーン・コンツェル
ウスのシューベルト・ザールで特別演奏会を開催し喝采を受けた。
 2015年10月、スペシャルゲストとして指揮に尾髙忠明氏を迎え創立40周年記念演奏会を開催しました。

主な活動地域

山梨県|甲府市

訪問演奏

ボランティア

更新日 2018/12/03

 お問合せ

甲府室内合奏団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
あなたがお使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合を多く抱える古いブラウザのため、開発元のMicrosoft社でも移行を勧めております。
WEB閲覧には安全上の問題や、快適性を考慮して、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザをご利用ください。
    
Chromeのダウンロード
上部へ