MandolinEnsembleかなでおん

一般 オーケストラ

MandolinEnsembleかなでおんの楽団紹介

MandolinEnsembleかなでおんは、長野県の各地から集まった社会人から成る、平均年齢30代の若い団体です。長野県、特に中信地区ですが、あまりマンドリンクラブが見当たりません。また我々ぐらいの年齢の(20台後半~30台前半)人たちがマンドリンをやっている姿を、最近この地域であまり見かけません。でも、大学を卒業してマンドリンを弾く場所を求めている人たちがきっといるはず!!そんな、ちょっと"くすぶって"いる(笑)メンバーを集めて一発演奏会やっちゃおうよ!!というのが設立のきっかけです。ちょっと不思議な団体名。ナントカ戦隊!!みたいですが、こんな意味があるんです。

奏でる + オデオン(Odeon)

オデオンとは、古代ギリシアの都市国家ポリスに必ず建てられた、市民のための娯楽施設。音楽堂とも。音楽や演劇が催されたり、誰もが自由に発言できる集会が開かれた。音楽を自由に奏で、発信できる場になるようにとの願いをこめて命名。

年1回の定期演奏会を中心に活動中です。

主な活動地域

長野県|松本市
更新日 2018/12/03

 お問合せ

MandolinEnsembleかなでおんについて

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ