東京ムジーククライス

一般 合唱

東京ムジーククライスの楽団紹介

《東京ムジーククライスとは・・》

2006年10月、首都東京を本拠地とし、バロックや古典・ロマン派の宗教曲、とりわけJ.S.バッハの作品の研究、及びその演奏活動を目的に設立された合唱団、音楽団体。常任指揮者には、バッハ・コレギウム・ジャパン等で広く活躍中の渡辺祐介氏を迎え、また国内外で活躍する気鋭の音楽家を数多く指導者・演奏者として招聘し、併設のプロオーケストラと共に演奏活動を行っています。

20代・30代の若手社会人や学生ばかりが集った機動性溢れる合唱アンサンブルは、楽器としての“声”の豊潤さを新たに感じさせるものとして評価を得ており、意欲的な活動スタイルやプログラミングとも相俟って各方面から注目を集めています。

musik-kreis(ドイツ語で「音楽の輪」)という団体名には、クラシック音楽、合唱の素晴らしさを、演奏を通して聴衆や演奏者と共感したい、受け継いでゆきたいという願いが込められています。


《東京ムジーククライス 活動の趣旨》

日本は世界でも有数の合唱大国といわれ、全国各地に数多くの合唱団が活動しています。年の瀬には「第九」や「メサイア」の調べが街に流れ、また音楽の授業やクラブ活動などを通じ多くの皆さんが、一度は合唱に親しんだ経験があるのではないでしょうか。

しかし現状を見渡すと、多くの合唱団で若手の空洞化が進んでいるようです。音楽の愉しみ方が多様化していることもあってか、大学合唱団では慢性的な団員不足に苦しみ、また卒業後、その多くが演奏活動に距離を置いてしまっています。慌ただしい日常を前に、歌う、奏でる喜びを忘れかけています。

私達は、このような寂しい状況に一石を投じたい。

音楽を愛する仲間たちと、心から感動出来るスリリングな演奏・練習に身を置くことで、ひとりでも多くの若者達にクラシック、合唱の素晴らしさを体感して欲しい。そして末永く、その音楽の輪を繋げて欲しいと願っています。

だから私達はこう名乗ります。 東京ムジーククライス(音楽の輪、音楽の仲間たち)。

主な活動地域

東京都|千代田区

ホームページ

更新日 2018/12/03

 お問合せ

東京ムジーククライスについて

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

上部へ