俊友会管弦楽団

一般 オーケストラ

俊友会管弦楽団の楽団紹介

堤俊作が指導にあたった全国各地の学生オーケストラ等の出身者達によって1983年に結成。名称は「俊作友の会」に由来したもので、「音楽にはプロもアマもない」という音楽監督の厳しい指導のもと研鑚を積んでいる。1985年の第1回を皮切りに春秋2回の定期演奏会、および7回の特別演奏会、ウィーン公演を行う(指揮はすべて堤俊作)。皇太子殿下が名誉団員として、第5回(1987)、第7回(1988)定期でヴィオラソロを演奏された他、第13回(1991)、第14回(1992)、第21回(1996)、第43回(2009)にも出演されている。第20回記念演奏会(1995)を機に海外演奏旅行を企画、ウィーン・ムジークフェライン(楽友協会大ホール)における公演(ブルックナー交響曲第8番)を成功させる。ブルックナー交響曲第9番4楽章完成版(日本初演)、シューマン歌劇「ゲノヴェーヴァ」全曲(演奏会形式、日本初演)、マーラー「千人の交響曲」、R.シュトラウス「アルプス交響曲」、メシアン「トゥランガリラ交響曲」、シェーンベルク「グレの歌」等、普段アマチュアオーケストラで演奏する機会の少ない大曲に挑戦する一方、ブラームスやベートーヴェン等も積極的に取り組んでいる。最近はオペラやバレエにも挑戦しており、特にバレエの演奏は高い評価を得ている。(社)日本アマチュアオーケストラ連盟加盟団体。

主な活動地域

東京都|豊島区

ホームページ

更新日 2018/12/03

 お問合せ

俊友会管弦楽団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。