世田谷フィルハーモニー管弦楽団

一般 オーケストラ

世田谷フィルハーモニー管弦楽団の楽団紹介

 世田谷フィルハーモニー管弦楽団は、作曲家、故芥川也寸志氏の「世田谷区民によるアマチュアオーケストラを」という呼びかけに応えて、1989年3月、さまざまな職業の音楽愛好家によって結成された。音楽文化の振興をめざす世田谷区の厚い支援を受け、同年12月に「せたがや区民による第九コンサート」で初演奏を披露した。その後、毎年春秋2回の定期演奏会を開催するほか、世田谷区民合唱団とともに「第九コンサート」にも出演。区内の小中学校で開かれる音楽教室や福祉施設での演奏会、地域の音楽祭などにもしばしば招かれている。
 音楽監督は、1993年から1996年まで石丸寛氏。1998年から2002年まで長田雅人氏。2002年から2006年まで佐藤功太郎氏。2008年からは田中良和氏。これまでに三石精一、小田野宏之、増田宏昭、現田茂夫などの各氏を客演指揮者として招き、ピアノの迫昭嘉、ヴァイオリンの戸田弥生、チェロの長谷川陽子、クラリネットの磯部周平、ソプラノの田中三佐代などの各氏と協演している。近年では、オペラの序曲やアリア、ヴェルディの「椿姫」なども取り上げ、また世田谷クラシックバレエ連盟とともにチャイコフスキー「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」、ドリーブ「コッペリア」などのバレエ公演も開催している。
 最近の定期演奏会の主なプログラムは以下の通り。ブラームス「交響曲第3番」、ベートーヴェン「交響曲第7番」、シューマン「交響曲第3番《ライン》」、チャイコフスキー「交響曲第5番」、マーラー「交響曲第5番」、シベリウス「交響曲第2番」、ラフマニノフ「交響曲第2番」、ムソルグスキー~ラヴェル「展覧会の絵」、レスピーギ「ローマの松」、ストラヴィンスキー「火の鳥」など。(写真:伊藤 英司)

主な活動地域

東京都|世田谷区

ホームページ

更新日 2018/12/03

 お問合せ

世田谷フィルハーモニー管弦楽団について

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

印は必須項目です。

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
【このメッセージが表示された方へ】
あなたが今お使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合のある古いブラウザです。
このブラウザですと、オケ専♪へのログインやお問合せなどがご利用いただけない場合がございます。
安全上の問題や、快適性も考慮し、お手数ですが、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザのご利用を推奨します。
    
Chromeのダウンロード
上部へ