Orchestra Aurora

一般 オーケストラ

Orchestra Auroraの楽団紹介

<演奏者募集のご案内>
『先生、オーケストラで第九を歌いたいんだ』
この一言が切っ掛けでした。やるならば、チャリティー公演にと、震災で被災した大槌町に人々が集まれる場所を!という「槌音プロジェクト」と出会い、一昨年に公演を敢行。歓喜の公演終了間も無く、合唱の方々のまた歌いたいとの旨を受け、昨夏はアヴェ・ヴェルム・コルプスなど(オケはMahler 5)を。そして再び、合唱の方々からのもう一度第九を!との強い思いを受け、今夏に託します。
【オーケストラ演奏者募集のご案内 Orchestra Aurora】
 Orchestra Auroraでは下記の演奏会における演奏者を募集しています。運営・団員一同、かけがえのない出会いを楽しみに、皆さまのご応募をお待ちしております。(人員把握のため、第二次募集期限2015/3/15とします。その後の募集も致します)
 
≪記≫
第3回 東日本大震災復興支援「真夏の第九」チャリティーコンサート
日時:2015年8月16日(日) 開演14:00
会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
主催:Orchestra Aurora
共催:槌音プロジェクト、NPO法人Mother Board「日本の道」(下記を参照ください)
指揮:阪本正彦
演奏:Orchestra Aurora
独唱:Sop.加藤千春、Alt.小谷円香、Ten.渡辺大、Bar.増原英也
曲目:J.シベリウス/交響詩『フィンランディア』、L.v.ベートーヴェン/交響曲第9番『合唱付き』 他
≪募集詳細情報≫
募集パート:弦楽器 全パート(最小募集人数 8/8/6/4/3人 最大で12型を予定)、特にVa,Vc,Cbは大募集中です!
 管楽器  C.Fg.(C.Fg.は手持ちの方優遇) Tp.1人(フィンランディア) Trb.1(alto) B.Trb.1  Tuba(フィンランディア) シンバル・大太鼓・トライアングル(手持ち楽器の有る方優遇)
※管楽器は人数に制限があるため、応募者多数の場合には練習参加可能な回数にょり乗り曲等パート内割り振り調整させていただくことも有ります。
使用楽譜:第九:Bärenreiter
オーケストラ練習日程(予定):練習場所未定(主に横浜市内、および川崎市内を予定しています)
6月14日(日)18:00~21:00 tutti(全曲通し)/ 川崎市国際交流センター(東急東横線・東急目黒線「元住吉駅」下車徒歩 10 分〜12 分)
7月5日(日)18:00~tutti
※7月12日(日)時間未定(18:00~予定)
※7月19日(日)または20日(月祝)いずれか 18:00~
  7月12,19,20日のうち、いずれか一日でtutti予定。
7月26日(日)18:00~tutti
8月2日(日)18:00~(合唱合わせ)
8月15日(土)午後(オーケストラ)・夜(ソロ/合唱合わせ)
8月16日(日)演奏会
応募方法:メールにて、①お名前 ②希望パート ③お電話番号 ④メールアドレス ⑤簡単な音楽活動歴 現時点でのリハーサル参加日数予定 を明記の上 orchestraaurora1912@gmail.com までお送りください。
受付確認メールをお送りします。
 5日経っても返信がない場合は、お手数をおかけいたしますが再送ください。いただきました個人情報は、当演奏会運営に関わる場合(例:練習日時や場所確認の連絡のためのメーリングリスト等)のみ使用することをお約束いたします。
・楽譜は5月初旬頃から、メールアドレス先に送付先を連絡いただくメールを差し上げますので、その返信をもって郵送、もしくは手渡し可能な方には手渡し致します。
オーケストラ参加費:演奏会運営にかかる諸費用を参加費として徴収致します。
社会人 25,000円
学生 15,000円
(尚、フィンランディアのみ乗りの方(tp.、tuba)は、減額いたします)
支払い方法については、参加申し込みのあと、返信メールにてお知らせいたします。
応募条件:
音楽を通しての復興支援活動にご賛同いただける方。
第九交響曲を演奏することに並々ならぬ情熱をお持ちの方。
短期間の練習でも勇気を持って演奏して下さり、夏に素敵な思い出を共有してくださる方。音大生も歓迎。
趣旨に賛同し、賛助いただけるフリーランスやプロ奏者も歓迎いたします!
お問い合わせ:真夏の第九実行員会  
shuzo.hrn26@gmail.com または090-265-46951(担当:山内)
〈Orchestra Aurora とは〉
団名のAuroraは『夜明け』を意味するイタリア語です。『明けない夜はない、必ず光がやってくる』という団員一同の希望が込められています。指揮に阪本正彦氏を迎え、これまでに震災復興チャリティーコンサートとして2回の演奏会を開催いたしました。第3回の演奏会は、第1回で反響の大きかった「真夏の第九」に再び取り組みます。
人々が集う拠点としての「槌音プロジェクト」(http://tsuchioto.com/)(https://www.facebook.com/tsuchioto)を支援しております。
〈共催団体の紹介と支援先の紹介〉
NPO法人Mother Board「日本の道」は東日本大震災直後に建築家 丸谷博男が設立しました(2011年8月法人認可/東京都世田谷区)。ボランティア・スタッフ 竹森道夫と、練馬区の市民コーラス「コーロ・まざーぐうす」などが協力して、岩手県大槌町で“顔の見える継続的”活動を行っています。2012年秋には大槌町に「槌音ホール」の建設を提案、現地活動グループとして臺 隆明氏を中心とした『槌音ホール・プロジェクト』を立ち上げました。現在、大槌の民俗芸能と音楽を軸に、文化および人間交流の場として人々を引き寄せるホール建設を目指して活動中です。また、「槌音ホール」の運営基盤とするべく、地産池消のバイオマスエネルギーを活用する『大槌創エネプロジェクト~人と経済と豊かさが循環する持続可能な町づくり』にも取り組んでいます。このホールの建設費は、理念に賛同した多くの音楽家の皆様による、有志やチャリティーコンサートでの収益を通して集められています。

主な活動地域

神奈川県|横浜市
更新日 2018/12/03

 お問合せ

Orchestra Auroraについて

事前にログインしてください。会員登録(無料)がお済みでない方は こちら

お名前

100文字以内。

メールアドレス
お問合せ内容

1000文字以内。

あなたの自己紹介のページを相手の方にお知らせします。
自己紹介を登録する

各種案内や営業的な目的で問合せすることはできません。そのような使い方をされた方には利用料をご請求致します。広告等をご活用くださいますようお願いします。

上記の情報を楽団・団体の管理者にお知らせします。この後のやりとりは直接お願いします。

都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
あなたがお使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合を多く抱える古いブラウザのため、開発元のMicrosoft社でも移行を勧めております。
WEB閲覧には安全上の問題や、快適性を考慮して、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザをご利用ください。
    
Chromeのダウンロード
上部へ