• アンサンブルの夢ノート
  • 一覧

墓場の作曲家さんのアンサンブルの夢ノート

墓場の作曲家さん
夢宣言日2019/04/09

墓地、風刺、諧謔、ゴミ捨て場の信仰、ミサ・ド・ガロ・・・南欧、ラテンの世界をテーマにオリジナル曲を作っています。古典というテーマで新曲を作る・・・さらに、クラシックの管弦楽オケやオペラで、オリジナル作曲活動をしていくというのは、あまり例がなく、なかなか難しい道のりですが、形にしていきたいと思っております。メンバーも30人と揃ってきました。弦楽オケだけでなく、チェンバロやパイプオルガン、古楽器を使った贅沢なこだわりの編成です。応援していただける方、晦渋とも言える哲学で、スペイン神学で語り尽くす。詩や文学やオペラのオリジナル音楽「墓の魚」の19世紀舞台へ、ぜひ遊びに来て下さい!!
進捗は進んでいる

墓場の作曲家さん

自己紹介

はじめまして♪

スペインの墓場をテーマにしたラテン音楽(カンシオン・デ・トォンバ)を専門に作り続けている作曲家です。

古めかしい道化芝居と、音楽の舞台を作る「墓の魚」(スペイン魔女のオーケストラ)という楽団を、ぜひよろしくお願い致します♪
作曲した作品です

訪問演奏

お仕事

その夢かなうといいね
都道府県

    

このサイトは Internet Explorer には対応しておりません

         
あなたがお使いの Internet Explorer はセキュリティ問題と表示の不具合を多く抱える古いブラウザのため、開発元のMicrosoft社でも移行を勧めております。
WEB閲覧には安全上の問題や、快適性を考慮して、現在主流となっている Google ChromeFirefox 等の最新ブラウザをご利用ください。
    
Chromeのダウンロード
上部へ