• プロ公演カレンダー
  • 一覧

EXCITING ENSEMBLE  若手音楽家育成応援プロジェクト第5回

プロ 室内楽
EXCITING ENSEMBLE  若手音楽家育成応援プロジェクト第5回の写真1つ目

公演日

2016年01月12日(火)
19:00開演 (18:30開場)

会場

東京都 渋谷区
カワイ表参道・パウゼ

ご案内

東京フィルハーモニー交響楽団首席チェリスト・金木博幸を音楽監督に迎えてお届けする、人気企画第5弾!
毎回、才能溢れる若手ピアニストが、トップアーティストとコラボレーション。
室内楽共演を通して音楽の本質に迫る、若手ピアニストの成長と飛躍の場となっています。

〈出 演〉
金木 博幸 Hiroyuki Kanaki (音楽監督・チェロ)
東京フィルハーモニー交響楽団首席チェロ奏者。桐朋学園高校音楽科卒業。日本音楽コンクール第2位入賞。東京国際音楽コンクール第1位入賞。齋藤秀雄賞受賞。1981年に渡独。1984年北西ドイツ音楽大学首席卒業。ウィーン・フィル首席チェリスト:エマヌエル・ブラベッツ教授のもとで3年間研鑽を積む。1991年東京フィルハーモニー交響楽団首席チェリストに就任。東京フィル、東京シティ・フィル、札幌交響楽団等と協奏曲を共演。オーケストラプレーヤーとしての活動に加え、各地でのリサイタル等、ソリスト、室内楽奏者としても多彩な活動を展開し高い評価を得ている。

松本 望 Nozomi Matsumoto(ピアノ)
北海道出身。東京藝術大学大学院修士課程作曲専攻修了。パリ国立高等音楽院ピアノ伴奏科首席卒業(審査員満場一致)。これまでに作曲を土田英介、尾高惇忠の各氏に、ピアノを三角祥子、北島公彦、浜口奈々、E.Berchotの各氏に、伴奏法をJ.Koerner氏に師事。2003年東京文化会館主催合唱作品作曲コンクール最優秀賞。受賞作品をはじめ自作曲集、編曲集等の出版多数。2007年第4回リヨン国際室内楽コンクール第1位(Vn.+Pf.のデュオ)。2008年度文化庁新進芸術家海外留学制度派遣研修員。2009年第55回マリア・カナルス国際音楽コンクール・ピアノトリオ部門第1位。在学中より作曲と演奏の両分野で活動を展開し、特に今年度はNHK全国学校(合唱)音楽コンクール高等学校の部の課題曲作曲者として注目を集めた。現在、国立音楽大学ピアノ科、洗足学園音楽大学作曲科、各非常勤講師。

藤江 扶紀 Fuki Fujie(ヴァイオリン)
大阪府出身。第80回日本音楽コンクールバイオリン部門第1位。毎年5月に行われている宮崎国際音楽祭に招待されている他、フランスのFestival de Musique d’Uzerche、Festival de Musique en Charolais et Brionnaisなどにも招待され、ソロリサイタルや室内楽リサイタルを行う。これまでに、東京交響楽団、京都市交響楽団、日本フィル交響楽団、ブルガリア国立ソフィアフィル管弦楽団などと共演。故工藤千博、清水高師、漆原朝子、漆原啓子、P・フォンタナロザ、O・シャルリエの各氏に師事。東京藝術大学在学中に、安宅賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。同大学を卒業後、パリ・スコラカントルム音楽院へ留学し、2014年春、フランスにてLa Fondation Banque Populaire を受賞。同年9月より、パリ国立高等音楽院修士課程に在籍中。

<演奏曲目>
・フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ長調 《藤江 扶紀、松本 望》
・ラフマニノフ/チェロ・ソナタ ト短調 Op.19 《金木 博幸、松本 望》
・チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 Op.50 『偉大なる芸術家の思い出に』《松本 望、藤江 扶紀、金木 博幸》

※曲目が変更になる場合がございます。

料金

一般 3000円、学生 2500円(全自由席)
上部へ