• プロ公演カレンダー
  • 一覧

Daiwa House Ⓡ PRESENTS 熊川哲也 Kバレエ カンパニー  Spring 2022「ロミオとジュリエット」

プロ バレエ

公演日

2022年03月21日(月)
12時15分開場 13時00分開演

会場

東京都 渋谷区
Bunkamuraオーチャードホール

ご案内

【芸術監督】熊川哲也
演出・振付:熊川哲也
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
舞台美術・衣裳デザイン:ヨランダ・ソナベンド
舞台美術・衣裳デザイン・アソシエイト:マシュー・ディーリー
衣裳デザイン・アソシエイト:アラン・ワトキンス
照明:足立 恒

指揮:井田勝大 管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

世にも有名なシェイクスピアの戯曲と、物語を巧妙に綴るプロコフィエフの音楽。そんな絶対的ともいうべき原点を持つ本作の伝統を継承しながらも、熊川は稀代のストーリー・テラーならではの才知と現代感覚をいかんなく発揮し、若き恋人たちの駆け抜けるような真実の愛と、両家の対立がもたらす悲劇とを、かつてない疾走感あふれる展開でより濃密に、極めて演劇的に描き出した。英国美術界の第一人者ヨランダ・ソナベンドとのコラボレーションにより時代考証を徹底させた重厚な美術・衣裳が彩るヴェローナの街の鮮やかな描写、〈バルコニーのパ・ド・ドゥ〉や〈寝室のパ・ド・ドゥ〉、〈マキューシオの死〉といった有名なシーンにも如実に顕れ出る振付の“粋”、戯曲においては端役であるロミオの最初の想い人ロザラインの存在をフィーチャーするなど独自の設定がもたらすドラマ効果。それら意匠をこらした演出の数々が、飽くことなく悲劇の結末へと観客をいざなっていく。

主演は、ファッション界でも活躍している飯島望未や、新鋭プリンシパル髙橋裕哉、そして山本雅也、成田紗弥というおなじみのダンサーに加え、フレッシュな面々が加わり、Kバレエの新時代が築かれる瞬間を見届ける舞台になること間違いない。                            恋愛悲劇の名作として世紀を超え人々を魅了するシェイクスピアの巧みなる戯曲、荘厳な調べと甘美な旋律が交錯プロコフィエフの音楽— 熊川哲也はその魅力を正統に受け継ぎながら卓越した才知と感性を注ぎ込み、この若き恋人たちがたどる運命のドラマを鮮烈に、雄弁に描き出す。ヴェローナの光と影を宿す美しく重厚な舞台美術、<バルコニーのパ・ド・ドゥ>をはじめとする名シーンにも顕著な振付の“粋”、原作では端役であるロミオの最初の想い人ロザラインの存在をフィーチャーするなど独自の解釈による設定がもたらす劇的効果・・・・・・淀みなくスピーディーに運ばれていく物語展開に満ちる疾走感は、生き急ぐ恋人たちの悲劇をいっそう鮮やかに浮かび上がらせ、またそこに言葉がないからこそ、ダイレクトに観る者の心の深部まで届くのだ。絶賛の初演から13年—上演のたび進化を遂げ、観客をまたさらなる感動の境地へといざなう!

料金

S席¥15,000/A席¥11,000/ B席¥8,000 /C席¥6,000  A親子席¥15,000 / 学生券¥3,500/★A親子席・学生券はチケットぴあWEBのみの取り扱い。

主催

主催:TBS  特別協賛:大和ハウス工業株式会社 協賛:株式会社SL Creations オフィシャルエアライン:ANA 協力:Bunkamura 制作:K-BALLET/TBS

上部へ