カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

12月14日没
1714年3月8日~1788年12月14日

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ

大バッハの次男。名付け親はテレマン。生前は大バッハより有名で、どの兄弟よりも成功した人物でした。ハイドンやベートーヴェンに大きな影響を与えています。
フルートの名人だったフリードリヒ大王に鍵盤奏者として仕え、名声を得ていきます。この関係で大バッハが「音楽の捧げ物」を大王に献上しています。やがてテレマンが亡くなると後任としてハンブルクに赴任します。
バロックから前期古典派への架け橋となった人物で、この時代鍵盤楽器もチェンバロからクラヴィコード、フォルテピアノへと移り変わっています。彼は当時のヨーロッパを代表する鍵盤奏者でありました。

それでは交響曲ヘ長調を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ