コンラディン・クロイツァー

12月14日没
1780年11月22日~1849年12月14日

コンラディン・クロイツァー

コンラディン・クロイツァー

後世に残る作曲家か、忘れ去られる運命にある作曲家なのか、誰にもわかりません。大いにもてはやされていてもあるときを境に知られざる存在になったり、生前は全く陽の目を見なくても後生、世界中の人が知るようになったりと、人の運命はわかりません。
ビーダーマイヤーという1800年代前半から半ばくらいまでの間、王侯貴族の壮大さではなく、心地の良い生活に密着したドイツの中産階級が好んだ生活様式がありました。クロイツァーはこの時代に活躍し、そうした趣味にぴったりとあった音楽を作り出していったのです。当然ですが、革新的なものはなく、後世に受け継がれることもなく忘れ去られていったのです。

それでは七重奏曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ