アンドレ・ジョリヴェ

12月20日没
1905年8月8日~1974年12月20日

アンドレ・ジョリヴェ

アンドレ・ジョリヴェ

前衛的な音楽からわかりやすいCM音楽までを手がけ「音楽のジキルとハイド」といわれていたようですが、そんなことは今では当たり前にやっていることですね。しかし、作風が次から次へと変わっていくのは一つの才能なんでしょうね。
エドガー・ヴァレーズの弟子で、メシアン等と共に「若きフランス」という音楽グループを立ち上げました。交響曲、協奏曲、室内楽曲、管弦楽曲などさまざまな分野での作品があります。日本に来たときにパチンコにはまってしまい、後に2台ピアノのための「パチンコ」という曲を作りました。インフルエンザをこじらせたことが原因で亡くなっていますが、この時期、皆さんも気をつけましょう。

それでは音大の試験やコンクールにもよく使われる打楽器協奏曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ