ジョヴァンニ・ボッテジーニ

12月22日生誕
1821年12月22日~1889年7月7日

ジョヴァンニ・ボッテジーニ
ジョヴァンニ・ボッテジーニ

「コントラバスのパガニーニ」。といわれるほどのテクニシャンでした。もともとはヴァイオリンを学んでいたようです。が、ミラノ音楽院に進むとき、奨学金を得ようとしたところヴァイオリンの空きはなく、仕方なくコントラバスを選んだそうです。
そんなことでパガニーニになれるんだ! と驚くばかりですが、卒業時には賞金を得るほどの腕前になり、それで名器テスト―レを買いました。現在コントラバスはフレンチボウ(チェロと同じような持ち方をします)が世界的に優勢ですが、それまではバロック時代から引き継ぐヴィオールの持ち方のジャーマンボウでした。このフレンチボウを取り入れたのがボッテジーニです。

それではコントラバス協奏曲第2番を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ