パウル・ヒンデミット

12月28日没(没後50年)
1895年11月16日~1963年12月28日

パウル・ヒンデミット

パウル・ヒンデミット

ヴィオラ奏者として室内楽、ソロで活躍し、ベルリン音楽大学で作曲科の教授を務めました。
「画家マティス」はヒンデミットの代表作で、同じ素材をもとにオペラと交響曲を作曲しています。オペラに先立って交響曲が初演されました。フルトヴェングラー指揮のベルリン・フィルです。当時ナチスが政権を取り、ヒンデミットのような新しい音楽は「退廃音楽」と見なされ弾圧の対象となっていました。これに対しフルトヴェングラーがヒンデミットを擁護し、大騒動に発展しました。結果的にフルトヴェングラーはベルリン・フィルの指揮者のポジションなどを辞任、ヒンデミットも教授職を追われ亡命してしまいました。アメリカの市民権を得ましたが、戦後にヨーロッパへ帰っています。ウィーン・フィルの初来日公演の指揮者として日本に来たこともあります。

それでは「画家マティス」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ