アルカンジェロ・コレッリ

1月8日没
1653年2月17日~1713年1月8日

アルカンジェロ・コレッリ

アルカンジェロ・コレッリ

2013年は没後300年でした! バロック期を代表する大ヴァイオリニストで作曲家です。若くして才能を認められ、安定した音楽活動を送ることができました。
自己の作品に対しては厳しく、残された曲数はわずかです。むやみに出版するのではなく、納得の行くものだけを厳選していたからでしょう。その結果、現在聴くことができる曲はどれもが均整の取れた、完成度の高い作品ばかりです。コレッリ自身は技巧をひけらかすような演奏を嫌悪していたようで、その作品も高い音域や超絶技巧は出てきません。その代わり、しっかりした基本が重要になってくるのです。

それではヴァイオリン・ソナタ「ラ・フォリア」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ