マルカントワーヌ・シャルパンティエ

2月24日没(没後310年)

1643年~1704年2月24日

マルカントワーヌ・シャルパンティエ

マルカントワーヌ・シャルパンティエ

フランスのバロック時代の作曲家ですが、生い立ちはよくわかっていません。ローマで学び、イタリアの作風をフランスに持ち帰りました。
11歳年上のリュリがルイ14世の寵児でフランス音楽界で絶大な権力を持っていました。劇作家モリエールは最初はリュリと組んで舞台作品を作っていましたが、金銭面でのトラブルなどからリュリと関係が悪化。その後はシャルパンティエと協力関係に入りました。
サン・ルイ教会、サント・シャペルの楽長を務めました。

それでは「テ・デウム」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ