クロード・ドビュッシー

3月25日没

1862年8月22日~1918年3月25日

クロード・ドビュッシー

クロード・ドビュッシー

印象派作曲家の代表です。西洋音楽で主流となっている長音階、短音階以外の旋法と自由な和声法で独自の作風を作り上げました。和声が曖昧になり、もう少しで無調になるところです。
気むずかしく内向的な性格だったようで、音楽院でも扱い難い存在だったようです。その上、女性関係では数々のトラブルを巻き起こし、多くの友人を失いました。
晩年には6曲のそれぞれ違う楽器のためのソナタを計画しましたが、結局完成したのはチェロ・ソナタ、フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ、ヴァイオリン・ソナタの3曲だけでした。享年55歳。

それではヴァイオリン・ソナタを聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ