モデスト・ムソルグスキー

3月28日没

1839年3月21日~1881年3月28日

モデスト・ムソルグスキー

モデスト・ムソルグスキー

誕生日の一週間後に亡くなっています。アルコール依存による精神破綻に加え、身近な人が相次いで亡くなり、絶望感漂う荒んだ生活をしていました。
代表作である「展覧会の絵」は友人の画家ハルトマンが動脈瘤のせいで39歳の若さで亡くなり、その遺作展での印象を音にしたものです。後にラヴェルをはじめ、さまざまな人がオーケストラ版に編曲しました。しかし、オリジナルのピアノ版が一番ムソルグスキーの心情を表しているのではないでしょうか。享年42歳。

それでは「はげ山の一夜」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ