フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

3月31日生

1732年3月31日~1809年5月31日

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

その生涯のほとんどはエステルハージ候に仕え、海外に出たのは最晩年になってからでした。宮廷における音楽家は優雅なものだ、と想像しがちですが、大変な労働です。エステルハージ家には主な館だけで3つあり、年中オペラや宴席での音楽、室内楽などが行われていました。
ハイドンは曲を作るだけでなく、オーケストラを訓練し、リハーサル、本番と重大な責務を負っていました。普通の人が書き写すだけで一生かかっても間に合わない、というほどの曲を作りました。しかも、常に新しいアイデアを加えているのです。

それではチェロ協奏曲第1番を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ