フェルディナン・エロール

1月19日没
1791年1月28日~1833年1月19日

フェルディナン・エロール

フェルディナン・エロール

ローマ大賞を受賞した20代はじめ頃には交響曲や室内楽曲を作曲しましたが、後にオペラ作曲家になりました。とにかく作品を作ることに夢中になり、どんな台本にでも曲を付けました。そのため作品の質はまちまちで、成功と失敗を繰り返していたようです。
代表作である「ザンパ」はエロール40歳の時の作品で、これは今でもしばしば取り上げられます。また、その序曲はアマチュア・オーケストラでもプログラムに載ることがあるので、演奏した経験がある人も多いのではないでしょうか。享年41歳。

それでは歌劇「ザンパ」から序曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ