アントニーン・レイハ

5月28日没

1770年2月26日~1836年5月28日

アントニーン・レイハ

アントニーン・レイハ

プラハで生まれ、ウィーンでサリエリなどに師事しました。ベートーヴェンと知り合いになり、同じオーケストラで演奏していたこともあります。ナポレオンがドイツ・オーストリアに攻め込んできたため活動がままならず、パリに移住。やがてパリ音楽院の教授になりました。最終的にはフランスに帰化。この地で亡くなっています。
交響曲、協奏曲、無頼作品、室内楽と、あらゆるジャンルでたくさんの曲を書きましたが、まだその全貌は解明されていない状態です。重要なのは管楽器のための室内楽曲でしょう。特にフルートを中心とした作品は現在でも貴重なレパートリーとなっています。享年66歳。

それでは弦楽四重奏曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ