アラム・ハチャトゥリアン

6月6日生

1903年6月6日~1978年5月1日

アラム・ハチャトゥリアン

アラム・ハチャトゥリアン

正式な音楽教育を受けるのが遅く、最初はモスクワのグネーシン音楽院で学びます。そしてモスクワ音楽院に入学するのが26歳です。卒業制作である交響曲第1番の2年後、ピアノ協奏曲で一躍有名になります。
アルメニア人ですがグルジアで生まれます。南コーカサスに位置するこの地域はいろいろな民族が混じり合っています。ハチャトゥリアンはこの地方の民族音楽に親しみ、それに迫力満点のオーケストレーションを施しています。よく知られている「剣の舞」はこの代表例ですが、作曲家本人はやっつけ仕事であまり気に入っていなかったようです。

それでは「ガイーヌ」から「剣の舞」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ