エドヴァルド・グリーグ

6月15日生

1843年6月15日~1907年9月4日

エドヴァルド・グリーグ

エドヴァルド・グリーグ

スコットランドからノルウェーに移民した末裔です。才能を認められて15歳でライプツィヒ音楽院に留学。さらにゲーゼに学ぶため、デンマークに行っています。
ピアニストとして有名で、多くのピアノのための小品を残しています。協奏曲はピアノ協奏曲1曲のみで、若い頃の作品ですが、グリーグの代表曲になっています。いかにも北欧を感じさせる曲で、グリーグから自筆を見せられたリストは初見でこれを弾き、絶賛したそうです。

それではピアノ協奏曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ