ジョージ・ガーシュウィン

7月11日没

1898年9月26日~1937年7月11日

ジョージ・ガーシュウィン

ジョージ・ガーシュウィン

ラグタイムに親しんだ少年は、やがてミュージカルなどのポピュラー曲を作るようになり、ヒット曲も生まれてきました。この頃作られた曲は今でもスタンダードナンバーとして歌い演奏されています。
そして「ラプソディー・イン・ブルー」の大成功の後、オーケストレーションを学ぶ必要を痛感しました。ストラヴィンスキーやラヴェルの門を叩いたようですが、すでに音楽家として確立している、ということで弟子入りは果たせませんでした。その後は独学で身につけていき、「パリのアメリカ人」やオペラ「ポーギーとベス」などの傑作を残しました。映画音楽も手がけていますが、これから、というときに脳腫瘍で倒れてしまいました。享年38歳。

それでは「パリのアメリカ人」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ