芥川也寸志

7月12日生

1925年7月12日~1989年1月31日

芥川也寸志

芥川也寸志

文豪芥川龍之介の三男として生まれましたが、也寸志が2歳の時に自殺しました。その遺品の中にSPレコードがあり、也寸志は繰り返し聴いていました。中でもストラヴィンスキーがお気に入りで、「火の鳥」「ペトルーシュカ」を好んで聴いていたようです。
「交響管絃楽のための音楽」がNHK放送25周年記念懸賞募集管弦楽曲に特賞入賞し、一躍注目されます。その後単身、国交のなかったソ連に密入国し、ショスタコーヴィチやハチャトゥリアン、カバレフスキーなどと出会い、自作を出版までしています。帰国後はオーケストラ作品を次々に発表する一方、アマチュア・オーケストラを育てました。

それでは「交響管絃楽のための音楽」を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ