フェルッチョ・ブゾーニ

7月27日没(没後90年)

1866年4月1日~1924年7月27日

フェルッチョ・ブゾーニ

フェルッチョ・ブゾーニ

超絶技巧のピアニストとして名を馳せたブゾーニですが、新しい音楽の擁護者でもありました。自身はバッハなどの影響を深く受けた西洋音楽の伝統に根ざした作曲家ですが、新しい方向、例えば電子音楽や無調、微分音などにも関心を示しています。作曲の弟子にワイルやヴァレーズなどがいますが、つねに新しい作曲家に注目していました。
ブゾーニは古典など、自身の解釈で楽譜をたくさん校訂しています。当時の演奏習慣でテンポやデュナーミクを指示しているため、現在では批判もありますが、演奏効果は確かに上がるものです。享年58歳。

それでは管弦楽組曲<トゥーランドット>を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ