アンブロワーズ・トマ

8月5日生

1811年8月5日~1896年2月12日

アンブロワーズ・トマ

アンブロワーズ・トマ

音楽家の親からヴァイオリンやピアノを学び、10歳の頃には一人前の演奏家でした。ところが12歳で父親と死別し、残った家族はパリに出てきます。17歳でパリ音楽院に入学し、5年後、ローマ大賞を受賞します。
ローマへの留学後はオペラ作曲家として邁進していきます。次々とヒット作を生み出し、トマの名声は高まりました。45歳からはパリ音楽院で教鞭を執り、マスネなどを育てます。そして55歳で発表した「ミニョン」が大成功を収めます。

それでは歌劇「ミニョン」から序曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ