アントニン・ドヴォルザーク

9月8日

生誕
1841年9月8日~1904年5月1日

アントニン・ドヴォルザーク

アントニン・ドヴォルザーク

改めて説明する必要もない大作曲家です。万人に受け入れられる旋律を交響曲や室内楽に仕立てる才能は誰にもまねをすることができません。ボヘミアの風土に根ざした味わいは日本人の心にしみいるのです。
ドヴォルザークが「鉄」、つまり鉄道ファンであったことはよく知られていますが、作品の中にもその趣味がちりばめられています。例えば、「新世界」交響曲の第4楽章は蒸気機関車が力強く出発する情景を思い浮かべ、交響曲第8番の第3楽章、中間部に出てくる伴奏はまさにレールの継ぎ目のリズムです。
それでは出世作となったスラブ舞曲から第1番を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ