フェリックス・メンデルスゾーン

2月3日生誕

1809年2月3日~1847年11月4日

フェリックス・メンデルスゾーン

フェリックス・メンデルスゾーン

恵まれた環境で音楽のみならずさまざまな教養を身につけました。もちろんそうした教育に対する天才的な感受性があったからこそ、才能が開花したのでしょう。
17歳で「真夏の夜の夢」序曲を作曲、20歳でバッハの「マタイ受難曲」蘇演、26歳でライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者になりました。
弦楽八重奏曲は大変充実した作品で、室内楽としてはゴージャスな編成ですが、世界中で頻繁に取り上げられています。この曲が16歳の時の作品だと知ったときには驚きのあまり言葉が出ませんでした。

それでは弦楽八重奏曲を聴いてみましょう。

  • プロご優待公演を見るには、ログインしてください
上部へ